FC2ブログ
今日は休みだったので、家から出ずゆっくり過ごしました(*´v`) 何をしてたかというと、掃除を頑張ってそれからずっと見たかった「しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイスhttp://shiawase-enogu.jp/」のDVD見ました。泣ける映画とは聞いてたけど、ホンマに泣けました(´;ω;`)

カナダの小さな町に住んでた実在の画家、モード・ルイスの物語なんです。 彼女が夫と住んで絵を描き続けた家が小っちゃくて、可愛い家で、子供の頃読んだ「ちいさいおうち」という絵本を思い出してしまいました。

ここからネタバレ有りです!カナダの東部の小さな町に叔母と暮らすモードは、子供の頃から絵が好きでしたが若年性のリュウマチを患っているので、手足が不自由なため、身体障害者への偏見が酷かった時代に、生まれ育った実家を離れ、厄介者扱いする叔母の厳しい監視のもと息苦しく感じながら暮らしています。
ある日買い物中に、家政婦募集の張り紙をする武骨な男エベレットに興味を持ち、町外れの小屋に住むエベレットを訪ねます。孤児院育ちで学が無いエベレットと、障害のため時には子供に石を投げられるというモード。はみ出し者同士の二人はぶつかりながらも、お互いを認め合いつつましく暮らし、ついに結婚します。

エベレットは家中に絵を描くモードに戸惑いながらも、絵を描くこと認めて、その絵を欲しがる人が出てくると、家事をして助けます。絵は評判を呼び、新聞が取材に来たりテレビに取り上げられ、いつの間にかモードとその夫であるエベレットは話題の人になっていきます。絵が欲しい人が小さい家に押し寄せ、二人の関係がギクシャクすることもありましたが、二人はお互いが必要だという思いは揺るぎません。隙間風が入る小さい家から引っ越そうともしませんでした。

エベレットがいてくれる事と、好きな絵を描くことはモードにとって人生そのものだったのでしょう壁にも鏡にも階段にも、彼女の絵が描かれた家は、まるで家自体が彼女の作品のようです。

とにかく主演の二人、サリー・ホーキングとイーサン・ホークが上手いんだもの。。。さり気ない二人の会話や表情がじわじわと伝わって引き込まれてしまいました。

それから、カナダの景色が素晴らしくて、二人と家と周りの自然は、どこを切り取っても、どれも一枚の絵になる美しさでした。感動作だと聞いていたけど、正直途中まではそんなに思わなかったのに、モードが亡くなった後、もう泣ける泣ける(;д;)

たとえどんなハンディをもった生まれであろうと、過酷な環境であろうと、持って生まれた才能を精いっぱい表現し続けたモードの人生は美しくて、たくましいのです。武骨で愛情の伝え方を知らなかった夫さえ変えてしまったモード深い愛情にジ~ンとくる素敵な作品でした。
スポンサーサイト
2018.10.20
先月に母の三回忌を無事終えて、続く今月の13日に夫の十七回忌をしました。普通は一緒にしてしまうんだろうけど、実家と嫁ぎ先の宗派が違うのでこういう形になりました(〃▽〃)

お寺さんも違うので、当然準備することも違うし、お客様をお招きするのに掃除もしないといけないしで、終わったらホッとすると同時に疲れてが出たようです。
昨日は仕事中ボ~っとしてるうち凄い頭痛がしてきて、おまけに結構信じられない失敗をしでかしてへこむへこむ 家に帰れば頭痛+吐き気までしてきて、無理して食べた夕飯を盛大にリバースしてしまいました(゚д゚)これはアカン寝込むかもと思ったのに、どういう訳か吐いてしまうと急にスッキリしてきて、頭痛も収まりましたホンマによかった!

今日は体調はいいものの憂鬱な気分で仕事に行くと、昨日のミスは大事にならず無事に片付いててこれも良かった♪でも昨日のボケボケぶりと体調の悪さは一体なんだったんやろう? 本人が思う以上に体力気力がついていかないお年頃ってことですね。。。トホホ。

薔薇の花

これはちょうど庭に咲いてた薔薇です!棘のある花は仏壇に飾れないので玄関に飾りました。亡くなった夫は仕事帰りに、よく花を買ってきてくれたので、お仏壇花は切らさないように心がけてます。今年の猛暑はさすがに大変で、花というより緑がきれいな葉?を飾って何とかしのぎましたけど(笑)



2018.10.15
先日テレビを買い替えた事は書いたんですけど、その際テレビのレコーダーと、テレビ台も買い替えたんですが、設置してもらう時、パソコンのルーターやらプリンターやらのコードが絡まってるのが気になって気になって・・・元々掃除の時も邪魔やなぁとは思ってたんですけど、メカにも電気系統も苦手なモンで、できれば触りたくないんです((´・ω・`;))
 
仕方ない!今回は覚悟を決めて電源タップも新しく買い直し、絡まってるコードを根気よくほどいて整理してみました。すると・・・何かスッキリした・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ ちょっとした事なのに、体の凝りが取れたような、部屋の風通しが良くなったような気がするそんなことぐらいチャンとやっとけって話ですけど(笑)


いい天気が続いたと思ったら、明日から雨なんですね、連休にはまたまた台風25号が近づいいている模様!(゚д゚)

こちらでは台風21号の被害が凄まじかったんで、24号にもかなり用心してた方が多かったと思います。でも今度は関東や中部地方での被害が大きかったようですね。。。沖縄や関東の被害もテレビで見ましたが、静岡では広い地域で4日間も停電だったそうで、驚きました( ‘o’) 24号は日本に近づいてからあり得ない角度に曲がって来たので、25号も用心が肝心かと思います、停電の準備して、電車の計画運休も文句言わずに準備しとく方がいいかも!

そして今年のノーベル医学生理学賞を受賞されました本庶佑教授、おめでとうございます 日本人としてこんなに誇らしい事はございません(o‘∀‘o)*:◦♪

次から次へと天災に試される日本人なのに、まさにその同じ時代に大坂選手や、本庶教授やら世界的な偉業を成し遂げられる方が出てこられるなんて不思議な国です。やはり日本人は天災と隣り合わせで精神的に鍛えられてるからなのか(*’U`*)。。。まあ私はコードの整理するのが精いっぱい(^^;

2018.10.03
10日ほど前、何の前触れもなくテレビが映らなくなってしまいました(T_T) たぶん5年ぐらい前に買ったと思うんですけど、調子が悪いとかも無かったのになぁ。しかも修理代が6万と聞いて買い替えることに。 私は全然知らなかったけど、今テレビは4Kとか8Kの時代なんですってさ。

電気屋さんに見に行ったら、4Kの地上波番組が始まるのが今年の12月からで(BS,CSでは放送がはじまってるらしいけど) 今4K対応のテレビ買っても、別にチューナー買わないと4Kの放送は見られないらしい。一部チューナー内蔵の機種も売ってるけど,画像がイマイチみたいみたいにお店の人は言うてはりました。
しかも外付けチューナーは今はまだ売ってなくて、11月ごろには各社一斉に売り出されるってどういう事?メカ音痴の私にはチンプンカンプンな話でした(笑)

4K,、8Kの画像は地上波やデジタル放送を遥かに凌ぐ超高画質らしいけど、別に気にしてない私としては、お店の方が言うように「今が買い時!」って気分にはなりませんでした。

どうも買い時としては、チューナー内蔵のテレビが売り出されるであろう来年あたりから、本格的に4K,8K放送が始まるオリンピックイヤーの2020年までに買うのがいいのかなぁと感じました。。。

壊れたテレビに言いたい!
 なぜ後2年、せめて後半年頑張れなかったんや~(´;ω;`)

息子が置いていった小型テレビがあって助かったけど録画できないし、いつまでもという訳にいかないので、迷った末に新しいの買いました~なんと2Kです!!
これでも前のテレビに比べれば、ずっと進化してるし……(震え声) 
2018.09.26
会社の若い子がイベントの余興で『「ザピーナッツ」の「恋のバカンスhttps://www.youtube.com/watch?v=UtAcZG0z-j8」歌うんです!』とスマホでYouTube見ながら練習してはりました。
「ザピーナッツって人気あったんですね~」って言うので、「姉妹のどっちの人か知らんけど、沢田研二と結婚してはったんやで!」と教えてあげたら、キョトンとして「サワダケンジって誰ですか?」と言われてしまった。。。聞いてた他の子が「SORAさん、私知ってますよ!」って慌ててフォローしてくれたのが、よけい空しかったんですけど(゚△゚;ノ)ノ

そうか最近の子はジュリーも知らんのか……と思ったのが先月の事でしたが、子供の頃流行ってた「寺内貫太郎一家」でジュリーィ!って叫んではった、きん婆さん役の樹木希林さんが亡くなったと聞いて、ビックリしました!

私が「万引き家族」見たのが6月で、確か5月にはカンヌにも行かれてたと思います。これから益々国際的に活躍されるものと信じてたので(°_°)
確かにジュリーを始め、あの頃人気だった芸能人の事を今の若い子は知らないと思うけど、樹木希林さんの事だけは知ってると思います。主役ではないけどずっと実力派のわき役として、凄い存在感を放ってはりました。

テレビで樹木希林さんの映像流してるの見て、変やなぁと思ったのが亡くなった時の年齢が75歳だったことです。だっておかしい!寺内貫太郎一家は1974年から放送とすると、実年齢は当時31歳のはずなのに、もう婆さん演じてはったってことですよね当時はさすがにホントのおばあさんとは思わなかったけど、50代ぐらいの方が演じてるもんだと思ってました。

若手の女優さんが、変わり者のおばあちゃん役のオファーがあったら、普通断るでしょう?でも全身全霊で演じてはりましたもんね。その女優魂が凄いなとあらためて思います。

悲観したりいじける事無く役を楽しまれてるようでした(* ´ ▽ ` *)そういえば全身にガンが転移して体が変わっていく事でさえ、初めての体験を面白がっておられるように見えたと是枝監督が言ってましたよね。

その時その時に与えられた状況をどこか俯瞰して見ておられたんでしょうか?きっと魂が老成している方だったんでしょうね、ご冥福をお祈りします。

ところで私は、先日母の三回忌を無時に終えることができました。極親しい人だけ自宅に集まってもらい、こじんまりとしたいい法要だったと自己満足しております(。-_-。) 実家のお寺さん(通称おっ↑さん↓)も、高速乗ってウチまでお経をあげに来て下さいました。今回気付いたんですけどちょっとピコ太郎さんに似てはります(笑)

2018.09.18
 | HOME |  NEXT PAGE »