FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・

溢れる滋賀愛が笑える!

姫野カオルコさんの新刊「忍びの滋賀 いつも京都の日陰で」を読みました(*’U`*)

姫野さんは直木賞を取られた「昭和の犬」とか、東大生による暴行事件を扱った「彼女は頭が悪いから」等の世の中の陰の部分を切り取って描く、考えさせられる作品が多いけど、もう一方で自虐ネタ満載のエッセーも最高なんですが、今回の本も爆笑しながら読んじゃいました

本の帯のからして
「NHK朝ドラ『スカーレット』の舞台は日本一スルーされる県でした!通過しても気づかない県 『琵琶湖』も『比叡山延暦寺』も『安土城』もぜ~んぶ滋賀にあるのに!」「長野県にあるのは志賀高原だ!」って(笑)

姫野さんは東京生活が長いもんね、分かります、私も経験あります。関東での滋賀の知名度は悲しい位ありません。。。滋賀の場所を説明するのがもう大変です。琵琶湖のある所というと「琵琶湖は京都でしょう?」ってこれ言われるんですよ。しかも比叡山延暦寺は京都市内も普通に認識されてますしね……遠い目(°_°)

あくまで私の意見ですが、これは県名がアカンと思う。「滋賀」ってなんやねん!おかげで古代から戦国時代の歴史的な場所「近江」が行方不明になってしまってる!これはひとえに、明治維新後の明治政府の嫌がらせでしょう!

なぜなら彦根藩の井伊家は徳川幕府に近すぎ(徳川四天王と言われてた)、廃藩置県で普通は彦根に県庁所在地を置くべきところを、井伊家を嫌って、大津に置いて県名も「滋賀」なんて耳障りの悪いのにしちゃったんですよ。

位置も関西じゃ無い方には分かりにくいと思いますが、県庁所在地の大津市は、府庁のある京都市とはJRの普通電車で2駅しか離れてなくて、ほぼくっ付いてる。。。これでは独自の文化発信というより、京都寄りになってしまってもしかたないやん( ‘o’)

そもそも大昔から、「何故か運が無い」と滋賀県民は思ってます。まず大化の改新(今はこうは言わないのかな?)で中大兄皇子がわざわざ大津宮という都(今の大津市)に遷都したのに、その本人の天智天皇が病で倒れてしまい、息子の大友皇子が壬申の乱で敗れてわずか5年で奈良の飛鳥に都も取られてしまいました。

その後も奈良時代に桓武天皇が信楽の宮(現在の滋賀県甲賀市)に都を移す計画を進めていたことがあって、今も遺跡が残っているけど、この時も疫病が流行って立ち消えになってしまったし。

さらに戦国時代に絢爛豪華な安土城(今の滋賀県近江八幡市)を作り、天下統一を目前にしていた織田信長は本能寺で暗殺されて、さらに安土城も焼け落ちてしまいました。

その後の関ヶ原合戦でも近江の武将石田三成率いる西軍は負けてしまい・・・・・・等々、ほんまにええとこは京都か奈良が持って行くようになってて、とことん運に見放されて現代に至る。まあ今もパッとしないのはしゃーないわな。

それにしても姫野カオルコさんは滋賀にはあまりいい思い出なんか無いんだろうなと勝手に思い込んでた私は(ご両親との関係は悲惨だったし)、溢れ出る滋賀愛に胸が熱くなりましたよ(*≧∪≦)

今の朝ドラ「スカーレット」が珍しく滋賀が舞台で、結構おもしろくて注目されてるのが嬉しいな。でも舞台の信楽は昔信楽の宮が立ち消えになってる場所なんで、熱演中の主演の女優さんにスキャンダルなど起こらないよう(麻薬とか…)無事物語が進みますよう願っている最近の私です(o‘∀‘o)*:◦♪


☆関ヶ原合戦を戦ったのは浅井長政✖→石田三成◎でした( /ω)訂正します、あ~恥ずかし(//∇//)コメントで教えていただきありがとうございました(。-_-。)

スポンサーサイト



「私と出会う私を愛する」取りあえずメモ

今日は前に私が大変お世話になった、聖心会のシスターで元聖心女子大教授でおられた鈴木秀子先生  https://ja.wikipedia.org/wiki/鈴木秀子   の講演会を聞きに京都に行ってきました。
御年88歳とは思えない若々しいお姿!お話も魂に染み入り、私の心の根底にあるのは今も先生に教えていただいた事がベースになっているんだなあ・・・改めて感じました。

先生はカソリックのシスターですが、お話はざっくばらんで分かりやすくそれでいて心に響くのです。お話を忘れないよう、メモ代わりに書いていきたいと思います。

まず生きていく上で大切な事は
自分を否定しない」事、「私なんて・・・」と言わない。言霊の影響は想像以上。褒められたら否定しない。日本の文化の悪い所は「謙遜」が行き過ぎて、自分のよい所を自分で認められない。外からの条件ではなく(家柄、収入、子供の成績等々)自分自身で幸せにすること。それができて初めて人の中に良いものを見つけることができる。

寝る前に今日一日を振り返る。 失敗しても何とか乗り越えて暖かい布団で寝られる幸せを思う。あたりまえの事ができる幸せ、外からの条件ではなく自分が力を持っていることに気が付く。

※禁句は「あの時ああすればよかった」「もしも・・・だったら」  過去は変えられない、不安と離れる自分なりの方法を持つ。
部屋の掃除をする、散歩する、歌を歌う、体操をする等。大切なのは、自分の中で喧嘩しないこと。自分をほめる、認める、

他者との絆  今日本にいる一億何千人以上の人のなかでの出会いの縁を思う。自分を認めて他者の良いところを認めて、それを言葉で伝える。どういう行動が嬉しいか、助かるかを具体的に伝える。相手の見かけでない深いところで繋がることができる。大変な時に大事な学びがある。

※大事なのは「感謝」と「賛美」

人間を超える存在。あなたが幸せだと、周りの人も幸せになる、幸せは伝染する。幸せは回りに伝えたくなる、分ちあいたくなる。
神さまから見ると、
魂(being)あなたがそこにいるだけで嬉しい。
行為(doing)あなたが行動できなくても、神様から良し!と言われている存在、それが私たち。

祈り  亡くなった人から見ると、「今の私は幸せ!」と言っているのが一番の供養。泣きながら嘆かない。
日常の中で他の人のために祈ること。

あまりに端折っているので、伝わるかどうか分かりませんが、一部でも伝えたくて書いてみました。

私は1993年に先生の書かれた「死にゆく者からの言葉」という本に感激して、名誉会長をされてるコミュニオン学会に足げく通って、アクティブリスニング(傾聴)を学んで、資格も取って一時京都で分ちあい会の司会をさせていただいたりしてました。

分ちあいの会には大切な人を亡くした方がたくさん来られたのですが、なんと当時司会をしていた私自身の最愛の夫が倒れてしまったのです。つまりミイラ取りがミイラになるって感じです。先生からの伝言で「ご主人との大切な時間が過ごせるように祈っています」というお言葉を頂いたことがあります。先生は離れていても、その病人が助かるか、もう亡くなるのかが分られるんです。なので気休めはおっしゃらなくて、夫は一週間後に亡くなってしまいました。当時いつも気にかけて頂き助けていただきました

死後の世界のことも話されるので、カソリックのシスターとしては異端なのかもしれませんが、それは先生が47歳の時事故で臨死体験をされたことに元付いているからです。私の祖父も若い頃臨に死体験をしていて、不思議な話をいつもしてくれたので余計に心に響くものがありました。

どうかどうか先生、お元気で日本のために長生きしてください!と願わずにはおれません

関心のある方は、来年1月24日(金)夜8:00~ NHK のEテレ「人生のレシピ」に再放送ですが、出演されてます!

小さいカバンを探す

仕事に行くときは、紺色のラルフローレンのかなり大きめのトートバックを愛用してます。この中にお弁当も着替えもファイルも入れて、出かけてます。
ただこれだとかさばるので、途中でお店に寄ったりする時は、別の小さいバックに財布とスマホとハンカチなんかの必要最低限の物だけ入れてて、すぐ取り出せるように、トートの中に入れてます。

今使ってる小さいカバンは可愛いけど、ファスナーもボタンも付いて無いので、たまにスマホが飛び出してしまったりしたら、トートをひっくり返して探さないといけないのがちょっと面倒:(´◦ω◦`):

他にいいのないかな?と新しいのを探してますが、なかなかこれというのが無くて。。。シンプルで、トートに入れててもかさばらなくてファスナーかボタンが付いてるのが見つからないんです。 この前300円ショップに行った時、ふと目に止まったのが可愛いくておまけにちゃんとファスナーも付いてる小さ目のバック!もうこんな簡単なのでもいいかな?これでいいやん♪とカバンの中をみてみたら、なんとシルバーのフィルムが貼っててよく見たら「お弁当入れ」って書いてありました(笑) さすがにこれは無いわ・・・と思ったら急に母のカバンの事思い出したのでした。

晩年、母が色あせてくたびれたカバンを持ち歩いてるのが気になって、母の日に新しいのをプレゼントしようと一緒に買いに出かけたのに、なかなか母が気に入るものがなく、それでは母が気に入って、持ち歩いてるカバンは一体どんなのかと気になって、中を見たらなんとシルバーのフィルムが貼ってあって、まさかの保冷バックやったんですヨ(;゜0゜)

なんでこんな安っぽいの使ってるの?と聞くと(母には他にも色々バックはプレゼントしてたのに全然使ってくれなかった・・・)母いわく、「軽いし何でも入るねん」とニッコリ(*´v`)  マジか!母もだいぶボケてきちゃったのかな。。。と衝撃を受けた事あったなぁ(笑)

あの頃は、歩く時もシルバーカーが無いとしんどそうやったので、軽さが一番のポイントやったんでしょうね。。。ちょっとビックリしたけど、今ならよくわかる気もします。 母の「ほれ見てみい!オシャレより使い勝手が一番やで。」って声が聴こえる気がしました(^^)
でもまだ私は保冷バックはいらんので、もうちょっと探したいと思います(。-_-。)

ミュシャ展&串焼きランチ


学生時代の友達と、京都文化博物館で開催中の「ミュシャ展」(2019.10/12~2020. .1/13)見に行ってきました。

みんなのミュシャ展

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)はアールヌーボーを代表する芸術家ですね、今年は没後80年だそうです。どっかで見た作品がずらっと並んでました。亡くなった後もグラッフィックの世界では世界中で影響を与え、日本の漫画家やイラストレーターの作品も展示されてました。
永野英子さん、私も知ってる山岸涼子さんとか、ファイナルファンタジーの天野善孝さんの作品なんかも並んでました!日本にも縁が深かったんですね。
と言っても私はさほど関心が無くて、ミュシャ大好きの友達のお伴って感じでしたけど(^^;

食事は、博物館近くのフランスの串焼き料理「Brochette/ブロシェット」へ行ってきました!https://brochette-kyoto.com/

よく雑誌とかに載ってたので、気になってたお店でした♪ランチメニューでしたが、串焼きの種類が多くて選ぶのも楽しいし、それぞれ美味しかったおすすめです。


Brochette.jpg

私が選んだのは、エビとアボカド、丹波地鶏もも肉と手作りベーコンとトマトの串焼きでした!どれもボリュームがあって美味しかった(*´v`) 串焼き3本のコースでパンとスープが付いてて、税込み1350円。お腹一杯になりました。友達と久しぶりに会ったので話し足りなくて、お茶とデザートは別のお店に行ってまたしゃべったのでした。。。ストレス発散、たまには良いよね(*ノ∪`*)

朝の楽しみ

先日からのイライラの元、たぶんネズミが屋根裏走り回る音は、ここ数日は静かです。屋根裏に殺鼠剤置いたのが効いたのかな?イヤイヤそんな簡単にはいかんとは思うけど様子みて、またバタバタ始まったら工務店の方に見てもらうことにします。

そして今日は整形外科で、先日の捻挫の経過を見てもらいに行ってきました。捻った当初は腫れと痛みが強かったし、皮下出血で紫色になった足首が悲惨だったんですが、2週間経って腫れも痛みも取れてきて順調に回復してきました 正座するとちょっと痛いかな?もっと長引くかと思ってましたが、軽くすんでヤレヤレです(〃▽〃)

病院からの帰り道、いつもは通らないゴルフ場の前通ったら、入って行く車がいっぱいで警備員が何人も出て誘導してました 何事かと思ったら、今日は「ToToジャパンクラッシック」の初日で、話題の渋野日向子選手が出てたんですって賞金女王もかかってるみたいやし、そりゃ皆んな見に行くよね!妙に納得してしまった(笑)

さて最近の私の朝の楽しみは、朝ドラ「スカーレット」見る事です。とにかく脚本がよくて、毎日の15分のストーリーが濃い(笑)役者さんも、生き生き演じてる気がします。ちょっとやんちゃな父親と自分の決めた道をひた走るしっかり者の長女という設定は、昔好きやった「カーネーション」とちょっと似てる気がします(*´v`)

BSで朝の7時半から見てますが、7時15分からは「おしん」もやってて、こちらもよくもまあこんな凄い内容のドラマを一年分も書けたもんやと唸ってます!橋田壽賀子先生凄すぎる((´・ω・`;)) 実は「おしん」は昔見てたつもりでいたけど、見てないどころか、内容も殆ど知らなかった事に気がつきました(^^; なぜ見たつもりになってたんやろ?多分超話題作やったので、おしんがいかだに乗って貧しい家から泣きながら働きに出るとことか、奉公先で虐められるところぐらいは見てて、話が辛すぎてギブアップしたような気がします(。-_-。)

今見ると、人間の心理がホントによく描けてます!毎日楽しみながら見てます。おしんが佐賀で苦労してる時は、眩暈がしそうで見るのが苦しくなってしまったけど、それでもどんな展開になるのか気になって。。。
不思議な事におしん役を熱演されてる田中裕子さんは、昔スカーレットのモデル神山清子さんをモデルにした映画「火火」の主人公役をやっておられます。もう15年くらい前の映画ですが、当時私見に行ったんですよ!なぜかというと映画のロケを当時勤めてた銀行の前でされたことがあったので、どんな出来上がりか興味津々だったんですあまり話題にならずヒットしなかったけど。

内容は陶芸家の側面よりも、白血病に倒れた息子を助けるため骨髄移植を広める活動をする戦う母を田中裕子さんが見事に演ておられて、母のイメージが強かったような記憶があります。なので今度のスカーレットも、結構シリアスなドラマになるのかと思ってたら、意外とホンワカしたスタートで、映画のイメージとは今のところ全然ちがいます。それでもドラマとしては十分面白いですけど。

これから主人公は陶芸家の道を進んでいくんだろうけど、息子さんの闘病のところまで描かれるのかな?きみちゃんのこの後が気になりつつ、今はおしんもスカーレットも両方見られて幸せな朝の時間です(o‘∀‘o)*:◦♪ ただ朝は忙しいので、ゆっくり見てられへん(-_-;) しかたないので起きるの30分早くして時間作ってます(笑)