FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

〜今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・〜
「凪のお暇」が終わってしまった。。。 2019.09.21
みすゞと雅輔 2019.09.14
京都芸大と言えば 2019.09.04
夏風邪をこじらせてしまう 2019.08.29
今年の果物は甘いらしい 2019.08.22

夏風邪をこじらせてしまう

昨日は大雨で、九州北部では大雨の被害も出ているようです、お見舞い申し上げますm(_ _)m
関西のこちらも朝から凄い雨でした!こういう日は車通勤やと大渋滞になっちゃうんですよね( ‘o’)

やっとの思いで着いたのはいいけど、体がだるくてミス連発の私おかしい!!何なの?と思ってたら午後から頭痛まで始まって、フラフラしながら帰って参りました。

先週風邪っぽかった時、すぐに風邪薬を飲んだら、上手いこと収まったんですよね。ところがその後も体がだるかったり夜中何度も目が覚めたり、何か疲れが取れず鼻がつまったりしておかしいなとは思ってたんです。どうも風邪が完全に治って無くて体の中に潜伏していたみたい(;゜0゜)
昨日帰ってすぐお風呂に入って、夕食は果物とスポーツドリンクだけ取って、とにかくひたすら寝てました(^^;

今日はお休みだったので、必要な用事以外はパスして、休養してたら、だいぶましになってきました、ヤレヤレ。。。
今年のお盆は張り切ってあちこち出かけたし、夜は薄着でクーラーがんがんつけて寝てたもんな~、そりゃ風邪も引くはずです。

しかも普段からゆっくり寝るという習慣がない私は、夜5~6時間以上寝られないんですよね。でも年取ってきて、今までのように疲れが取れにくくなってるみたい。 無理しても疲れたら横になる習慣付けた方が良いようです。

秋雨前線はしばらく日本列島に停滞するようで、天気予報は雨のマークが並んでます9月の予報は「大雨」と「残暑」が隣り合わせの一か月ですって!スッキリ秋晴れはまだまだ先みたいです(*´~`*)

夏の疲れが出る頃なんでしょうか?私のまわりでは体調不良の方多いみたいです皆さま疲れたと思ったら、必要最低限の事済ませたら、ゆっくり休みましょう!無理しても良い事無いです

スポンサーサイト



暑さ対策に

今日は台風の影響なのか、雨は降らなかったけど、ムシムシする一日でした。

今年は40℃越えの日とか無いのに、体がだるくて(加齢おそるべし)、髪をドライヤーで乾かすのさえ疲れる毎日。そうだ!髪短くすればいいんじゃない?と閃いて、髪切りに行きました。ボブの髪型ももう4年以上同じで飽きてきてたし。

髪型を変える時、みなさんどうされてるんでしょか?私は美容室に行って担当の方に口で説明するのが苦手で、いつもだいたい
「仕上がりは、いかがでしょうか?」と聞かれて震え声で「ハイ・・・ありがとうございました」と答えて落ち込みながら帰る感じです(笑)

最近はちょっとかしこくなって、本屋に売ってる「大人のヘアカタログ」系の雑誌を買って、よさそうなのを選んでお店に持って行く事にしてます。これだと写真が正面と横顔ものっててイメージしやすいんです。ただモデルさんの整った顔のつくりと私のでは全然違うので、仕上がりは違ってきますけど(。-_-。)

雑誌には、似合う髪質(鋼or軟い、少or多い、直or縮)とか顔の形(丸形、四角、三角等)まで書いてるので、自分の髪質では無理とかが分かりやすいんです。
それだけでなく、自分でセットし易いかも重要です!パーマかけて流れを出すとかも苦手で。。。今回選んだのは「パーマはかけず、毛流れを生かすようにカットする」っていうのです。

仕上がりは、結構希望に近い仕上がりで、セットもし易くて気にいってます。何といても大分短くなったのでシャンプーもドライヤーで乾かすのも楽ちん(o‘∀‘o)*:◦♪

サプリも色々飲みながら、夏を乗り切りたいと思います。

旅行好きはノマッド体質かも

ずっと仕事が忙しくて、辞める人が多くて余計に忙しくなっても頑張ってた。周りには「その仕事ちょっとブラックぽいよね?」とは言われてたけど((((;´・ω・`)))
自分では実力不足という思いがあったので、簡単には辞めずちゃんとできるまで頑張ろうと思ってた。さすがにかなりバテテきたので思い切って休みをもらってスペインに行って来て、リフレッシュするぞ!と張り切ってたもんね。

確かに楽しい旅ではあったし、見どころ満載やったしね。なのになぜか自宅に戻ったらドット疲れが出て、お風呂で転んで浴槽の縁に脇腹を強打してしまう。これが痛くて( ノД`)普段でも休み取りずらい職場なのに、10日も休んだ後なんで又休みますとはさすがに言えないもんで、気力を振り絞って行きましたよ(´;ω;`) まあ自分では、ひどい打ち身だと思ってたんで、そのうち良くなるやろうと思ってた。自宅にある湿布やら塗り薬使ったら、痛みは少しはマシになったものの、なぜか腫れが引かず仕方ないので病院行ったら肋骨みごとに4本折れてた!!!というこの辺の話は先日もしたんですけどね。

なぜかその瞬間、力が抜けてしまった。。。骨折という言葉でなんか目が覚めたような気がして、頑張る気力がす~っと消えてしまったのでした。一緒にがんばってる仲間のことも、気になってるお客さんももう遠くに思えてきたのは自分でも驚くくらい。速攻で診断書もらい、骨がくっ付くまで5月からしばらく休職させてもらうように報告しました。でも本音では体を壊してまでは頑張れないので、戻る気は全く無かったんだけど。

こうして、思いがけない5月の令和のスタートと同時に休養生活が始まったのでした(*´v`) 幸い骨折は痛みも取れて順調に骨もくっ付いたので、の~んびり過ごしてました。そう!令和になった事だし、今までため込んでた不要なものをこの際整理整頓しようと掃除に励んだりして、結果心を鬼にして職場にも辞めること伝えて何だかホ~っと出来ました

結局、今度は派遣でいい条件の所で働くことになりました。今週から行ってるけど職場の雰囲気はグッと柔らかくてホッとしてます。
まあ、結果としてスペイン旅行が転機になったのは確かです(笑)

時間が出来て、久しぶりに須賀敦子さんの本を読んでたら、「砂漠を行くものたち」というエッセーのなかで nomade ノマッド 放浪者というギリシャ語に語源のある言葉が出てきて面白かったな!その血が騒ぐ放浪者である須賀さんのことを池澤夏樹さんが評しておられて

「人は生まれたところ、あるいは若い時に移って住み着いた都会からずっと動かずに生きる人は多い。彼らは生地や青春の地を何の疑いもなく受け入れる。 しかしある種の人々は自分に合った土地を求めて旅を重ねる。それは性格の深いところにプログラムされたものであり、本人にもどうしょうもないものだ。与えられた土地と折り合いが悪い。自分の住むべき場所は他にあると思って探し回る・・・」という話があって、私も少なからずノマッド体質やなぁ…と思ってしまった。

生まれてから引っ越しは10回以上してるけど、辛いとか思ったことも無く、いつも新しい場所には良いことが待ってる気がしてました(笑)
今の家にはもう18年以上も住んでて、人生最長記録更新中です(*´∀`人 ♪ ただずっと同じ場所にいると、実はムズムズする感覚もあって、ついつい旅に出たくなってしまうようのよね~。この家に住む間に結構旅をしたな。。。うん私も多分ノマッド、そう思う。


MY SPANISH HEART その⑥

10連休も残すところあと1日、きょうは帰宅の車の渋滞が続いているようですね。お出かけされた方はお疲れさまです(。>ω<。)
私はここ数日、衣替えと庭の草むしりを頑張りました。


さて、スペイン旅行バルセロナ観光の記録。最終日はガウディ・ガウディ・ガウディの1日でした(*´~`*)
朝ホテルを出て、バスで向かったのが「グエル公園」です。

20世紀を代表する天才建築家と言われるガウディですが、学生の頃指導教官から「悪魔か天才か」と言われたそうです。
まだ若かった彼の才能を見抜き生涯の友であり最大のスポンサーとして支えたのが、バルセロナの大富豪エウセビ・グエルです。グエルの存在なしには、今のガウディは語れません。

この公園は、元は広大な土地を裕福な家族を対象にした住宅地にしたいというグエルの依頼により設計されたそう。広場や道路など次々造られましたが、奇抜すぎてまったく売れず(笑)結局グエルが買ったのと、ガウディ自身がモデルハウスを買い取っただけで失敗し、結局市に公園として寄贈されたものです。 

コンセプトは自然との一体。売れなかったからこそこうやって、今も美しく残っているのは皮肉な話ですネ。写真に撮れなかったけど、中央階段の側面や市場の天井の装飾は、見事です


                   公園内の道路

柱廊ポーチと高架橋
                                 柱廊ポーチと高架橋


   公園内から見たガウディ博物館


公園の守り神、有名な中央階段の「ドラゴン」 観光客が次から次へと…ここで写真撮るのはなかなか大変でした:(´◦ω◦`):
     
         中央階段のドラゴン


ガウディが買い取って、病気の父と姪を引き取って一時住んでいた家。今はガウディ博物館となっています。

                     元はモデルハウス、ガウディが買い取った家

この後、ガウディの師匠でありライバルだったモンタネール作のサンパウ病院へ、時間無く外から見ただけでしたが、内部が素晴らしいらしい。

お昼は今回初めてのパエリアでした!ツアーで行った食事はイマイチなのが多かったけど、このお店はデザートまでどれも美味しく、特にパエリアは魚介類がたっぷり入っていて満足(^∇^)

  パエリヤ

このお店は海沿いにあって、景色も良かった! 
    海沿いのお店

さてさて、昼食をたらふく食し、午後からはフリータイムです。ノープランだった私は、ガウディ大好きという京都の方にくっ付いて、ガウディの代表的な建築「カサミラ」へ。もうチケット売り場から凄い人が並んでましたが、しっかり調べてくれてたんですぐに買えてホッとしました。(もう一つの代表作「カサパトリョ」は改装工事中)波打つような外観です。

    カサミラ外観

建物の内側の空間から眺めたところ。屋上にはサグラダファミリアを彷彿とさせる不思議なオブジェがいっぱい。遠くにサグラダファミリアも見渡せます。

建物の内側の空間から見上げる


「カサミラ」とはミラの家という意味で、当時は評判は良くなかったとか。マンションとして貸し出されたものの高いし、外観が変わってるしで、中々借り手が付かなかったため、1500ペセタ(当時の給料の10倍だった)は3代に渡って値上げしないという約束をつけて、やっと入居者が決まったとか。その約束で今は日本円で約14万という格安の(7部屋もあるため今なら10倍はするらしい)料金で今も4世帯が入居されてるそうです(;゜0゜)

意外にも、部屋はクラシックではありますが、普通な感じで住みやすようです♪格安で今も借りてる方はどんな気持ちなんでしょう?いくらなんでも世界中から観光客が押し寄せる場所で生活するのってやっぱり大変じゃないかな?
それとも元々のお金持ち一族だろうし、他に住まいがあって、別宅の感じで借り続けてるのかも…そんな暮らししてみたい.(*'v`*)


以外にも普通な住居部分

それにしても、バルセロナの町は今もガウディの魅力に惹かれて、世界中から人がやって来ています。でもその才能に誰よりも早く気付きずっと支えたグエルの存在は凄いです! すぐにお金にならない仕事に出資し続けた財力にも驚きますが。 (実際にグエルの父はキューバ征服の時代大儲けして財を成したようです)結果としてバルセロナに大変な遺産を残したことになりますね。

生涯独身だったガウディは、グエルが亡くなった後は名声を得たにもかかわらず、人間嫌いがひどくなりサグラダファミリアの建設に没頭する日々を過ごしていたそうです。教会に住んで着るものにも気を使わなかったので、電車に轢かれた時も浮浪者と間違われてしまって、3日もほったらかしにされて亡くなったとか。2026年に心血を注いだサグラダファミリアが完成したら、彼はなんと思うのでしょうね。

今回気がついたのが、スペインの位置です。日本から見るとヨーロッパの国、フランスとポルトガルに挟まれてる国。でもスペインの南部のアルヘシラスという町からはモロッコへと日帰りツアーに行けるそうです!ジブラルタル海峡は目の前、すぐ下はアフリカ大陸なんですよね~、なんか不思議な感じ。一昨年に旅したエジプトだってすぐそこなんですもん。

スペインの特異さ、アフリカ大陸からのイスラムの影響の大きさも納得な感じ。日本にいると実感しにくいところです。だからヨーロッパからみると日本はFar East極東 なんてよばれちゃうんだろうなぁ。

アンダルシア観光の後は、あっという間に最終日になってしまいました。。。マドリード、トレド、コルドバ、グラナダそしてバルセロナと急ぎ足で回りました。じっくり見たかったところばかりです次は行き先を絞って個人旅行でまた訪ねたいダス♪(o・ω・)ノ))

MY SPANISH HEART その⑤

いよいよ」「令和」時代が始まりましたね♪ ずっと忙しくて他人事みたいに思ってましたが、肋骨折ってるのがわかってから状況は急変して、令和に入った今月からは暫く休養することとなりました。

ニュースによると、116歳になられる世界最高齢の日本人女性田中カ子さんは、1903年明治36年生まれで、五つの時代を生きられているそうです。
「人生で一番楽しかった時代を聞かれて「今」と顔をほころばせた」って…若い頃は良かったなんておっしゃらない、カ子さんなんとポジティブな(笑) 人生いつ終わるかわかりませんが、願わくばこうありたいもので御座います


で、スペインの旅の思い出を続けますヽ( ´_`)丿いつからかというと、アンダルシア地方を大満足でまわり、次の最終訪問地バルセロナを目指しました。

5日目の朝グラナダから、国内線でバルセロナへ向かいました。ここからがチト波乱含みになってまいります(^^; 飛行機に予定どうり乗り込んだのに、一向に出発しません30分以上遅れてやっと離陸し、バルセロナに到着。

ところが、空港で荷物を待ってると3名の方のスーツケースが待てど暮らせど出てきません 何度も言いますが、国内線ですからロストバゲージって訳は無いはず←積み忘れでした~(笑) ホンマかよ!しかも他にもたくさんの方が待ってたのでかなりの量積み忘れたよう。。。

ここからが大変で、この日はサグラダファミリアを見に行くことになってて予約時間が迫ってました。仕方ないので、添乗員さんだけ残って、現地ガイドさんと目的地へ急ぐとこに。

私はアンダルシア地方には心惹かれておりましたが、実を言うとガウディにはあまり興味が無く、「まあせっかくやし見とこかな」程度の関心でしたが、目の前に現れたサグラダファミリアはなかなかの迫力でした。アントニオ・ガウディが設計し着工から130年以上、もちろん今も建設中です

      サグラダファミリア教会2



ここでは200名以上の建築家、彫刻家が働いているそうですが、現在の主任彫刻家は日本人の外尾悦郎さん!(前にテレビで特集してましたな)ガウディの意志を最も深く受け継いでいると言われている方だそうです。誕生の門に飾られている「15体天使の像」は外尾作品。天使2体は東洋人の顔をしているそうです
       サグラダファミリア教会1




完成までにあと300年かかると言われていたのが、近年の観光客の増加で建設費用が潤沢になってきたことと、先端IT技術により、2026年完成予定だそうです 外観はちょっと苦手な私ですが、ドンドン完成してきてる内部のステンドグラスの美しさに心奪われてしまった 美しい……なんとも癒される空間でした!
       サグラダファミリア教会4


          サグラダファミリア教会3


          サグラダファミリア教会5


このあとエレベターで鐘桜へと上がりました。上からは建築現場が見え、不思議なオブジェもすぐ近くで見ることができました。下りは石の螺旋階段で・・・この階段を降りながら下を覗くとマジで眩暈がします。ガウディがカタツムリを意識して作ったそうですが、下まで歩いて降りると膝がカクカクするくらい疲れました(ノ_<) しかも空港でのトラブルでお昼食べる時間も無く観光したので、ぐったり。

この後、やっと各自でお昼なんだけど時間が無くて、数人でサグラダファミリア近くで適当に選んだお店でタパスランチを、と言ってもお昼をだいぶ過ぎてて(3時過ぎくらい)売れ残りっぽいのしかなかった(笑)

          タパス屋さん
 

コロッケみたいのと、ピンチョス選択。よくわからんけどタパスのうち串にさしてあるのが、ピンチョスらしい。味はそこそこヽ( ´_`)丿みんなワインやら、飲んでるけどアルコールがダメな私はコーラ(涙)全部で7€くらいだったかな?
      ピンチョス

バルセロナは、今までの所と違ってかなり都会な感じでした!現地ガイドさんはバルセロナ在住の日本人の女性で、背が高くてちょっと男性的でクールな感じの方でした。ずっと「バルセロナは兎に角、危険なんです」と言われてました!

ツアーのみんなで(といっても、総勢13人)グラシア通りを歩いてた時、顔を白塗りにした道化師みたいなカッコした若い男性が前を歩く方に親しげに話しかけてきました。それに気がついたガイドさんいきなり走ってきてバコーンと男性の背中殴ってスペイン語で怒鳴ってはりました・・・ホンマに凄い音した(;゜0゜) 男性はチェッ、という感じでどっかに行きました。

この男性は、いつも東洋人とみると近づいて来て、「一緒に写真撮ろうよ」ってすり寄ってきてチップをせがんで、すきを見て財布をする常習犯ですって(゚△゚;ノ)ノ一番のターゲットは中国人、でも日本人もよく狙われるらしいです。でもこいつはまだ雑魚クラスらしい。

一番怖いのはずっと団体客と一緒に動くグループで、ターゲットが財布を出して鞄のどこにしまうか、カメラ出して今鞄開けたままになってるとかをしっかり把握してるとか。しかも数人がかりで、驚かす役と抜き取る役と分業になってで全く気付かずに抜き取ってしまうらしいです   

なぜツアーの東洋人を狙うかといと、まず結構な現金もってるし現地警察に届け出てもスペイン語ができない。たとえ英語の通訳つけても犯人見てないことが多いしツアーですぐ移動するので時間が無く、まず足がつかないかららしい。日本人がトイレに行く時よくやる「ちょっと荷物見ててね」ではダメで、抱え込んでないと速攻持ってかれるとか|ω・`)

この日は、素晴らしい遺産だらけのスペインの陰の部分を見ちゃった気分に。空港に届いてなかったスーツケースはなんと夜中の2時にホテルに着いたんだそうです 空港ではすぐ次の便に乗せると言ってたのに、結局最終便だったみたい。この対応は日本人には理解しがたいけど、添乗員さんは「ここスペインですから(苦笑)」って言うてはりました。。。

ついでにちゃんと届いてた私のスーツケースも中が検査されたようで、ぐちゃぐちゃでした!幸い無くなってた物はないけど、前日フリヒリアナで買った、手作りのオシャレな板チョコの詰め合わせがめっちゃ割れてたのが泣けた(;д;) もう一人の方は、最新の最軽量のスーツケース(めっちゃ高いやつです!)結構傷ついてたそうです(*・`ω´・)ゞ この日は疲れてしまって、ホテルに帰って爆睡しました。