FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・

昔の大事と今の大事

昨年末に掃除をした時、長い間大事に残してきた書類を引っ張り出したら案の定、要らないものだらけでちょっと笑えてしまった。
保険の証書はだいぶ前に解約してるし、車の保険も何年も前に会社変えてるのに、何で取っとくかなあ。

メインの銀行の通帳も、繰り越した古いのをずっと前から残してきたけど、一回も見返してないことに気がついて捨てました(´・Д・)」
それからは、勢いが出てきてもう聞くこともないCDとか、家族の葬儀関係の書類もだいぶ処分しました。大事な記録も思い出として心にあれば、資料としてはもう要らんと思えてきたので。

そういえば以前の会社の先輩が、身内の方を亡くされた悲しみがなかなか癒えないと、涙をハンカチでおさえながら話をされてたことがあって、「身内を亡くしても全然泣かない人は信じられない!」と言われてたのを思いだします。でも泣いてる人が情が深くて、泣かない人は非情とは限らんでしょう?人前で泣けない私からすると悲しくても泣かない人も、悲しみが深いからこそ外には表さず、事務的に対処してしまう方もいると思うんですけどね。なんか話が脱線しましたが、年取ると価値観がどんどん変わってしまい、大切な物も変わるということをあらためて実感してます。

母が亡くなった時、姉と実家の片づけをした時に、父親の字で「重要書類」と書かれた小箱が出てきて、何事かと開けてみたら、ナント「グリコ森永事件」(※34年くらい前にあった企業脅迫事件)の新聞の切り抜き記事が入ってたのは衝撃でしたけど(笑)

ついでに、昨年10月末から突然屋根裏をネズミがガタガタする音がしはじめて、その後11月の初めと12月の中頃に音がして心配してたらその後又静かになってる件ですが、友達からの耳より情報によるとネズミは大国主命のメッセージを運ぶとされてるんですって!
なんのメッセージやったのかな?大国主命といえば縁結びやったりして+゚。*(*´∀`*)*。゚+まあ無いか(笑)

スポンサーサイト



のんびりしたお正月に箱根駅伝を見る


      
       明けましておめでとうございます

       令和2年、今年もどうぞよろしくお願いいたします



       餅

年末にゴーン被告がレバノンにgoneしちゃっいましたが(笑)それ以外は比較的大きな事件も無かったし、私はのんびりした新年を過ごしました。
昨日今日と箱根駅伝を見ましが、昔からなんでこんな過酷なコースで始めることにしたんだろう?って思ってましたが、ドラマの「いだてん」で、金栗四三が開催に関わってたことを知って妙に納得してしまいました(´∀`*)

明治時代に日本代表で初めてストックホルムオリンピックに出た金栗四三と三島弥彦のエピソードや、天狗倶楽部なんてのがあった事、なにより柔道家の狩野治五郎という人が東洋初のIOC委員になっていて、世界的に尊敬されてたことなんて全然知らなかったので、面白かったな。四三氏の武骨さに中村勘九郎さんがはまってたし、田畑政治役の阿部サダヲの熱演ぶりも凄かったし(〃▽〃)私は楽しんで見てました。

明治時代のオリンピックは選手のコンディションなんてまったく考慮されてなく、現地の情報も知らされず自分で必死で渡航費用を集めて、20日もかけてシベリアから現地入りした四三氏は、40℃を超える温度の中疲れたまま走り出し、熱射病で倒れて、近くの農家で介抱されていて、気がついた時にはもう競技が終わってたんですよねマラソン中消えた日本人の話は地元のスウェーデンではしばらく語り草になったらしいです。

1967年、スウェーデンでオリンピック55周年の式典があった時、「競技中失踪」の扱いのままだったことに気がついた委員会が四三氏を招待して、会場を一周させゴールさせることにして「54年8カ月6日5時間32分20秒3、これをもって第五回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」とアナウンスするという粋な計らいがあったそうです素敵ですね!

最終回で、ストックホルムで半世紀ぶりにオリンピックのテープを切った金栗四三さんの実際の映像が流れたのも泣けました。

四三氏は、自身が三回オリンピックに出られたものの、充分な結果が残せなかったことで当時かなり叩かれてます。その後はスポーツの人材を育てることに心血を注がれたので、過酷な箱根駅伝もその一環だったのでしょうね。


で、今年はオリンピックイヤー!私の願望としては、開会式の最終聖火ランナーはオリンピックの草分けである四三役やらはった中村勘九郎さんに役の恰好で走って頂きたいんですけどね。結果的に、ドラマは視聴率が悪いまま終わったので無理やろうなぁ。。。

脚本が宮藤官九郎でテンポがめちゃ速いし、役者のスキャンダルも重なったし、裏でやってた「ほつんと一軒家」が凄い人気番組になったりで、つくづく運がなかった感じで盛り上がらず、残念無念なんですよね(゚´Д`゚)゚。

令和元年も終わる

もうすぐ今年も終わりですね!みなさまはどんな一年を過ごされたのでしょか?
私自身は年号が令和になるって決まった頃には、特に変化を望んでいなかったのに、年号が変わった途端、自分でもびっくりするくらい変化の多い一年となりました。

感動したのは4月にスペイン旅行に行った事、いつか行きたいと思っていたので思い切って行けてぐるっとスペインを周って密度のこい旅ができました ところがです、結構忙しい中出かけたので、帰ってから疲れが出てしまって、自宅で転んで肋骨4本骨折!!人生初の骨折でございました。。。しかも忙しくて病院にも行けず、何でこんなに痛いのかな?なんて呑気に考えてたら骨折ですから私も色々考えまして、こんな忙しいのはアカンやろということで、休養生活に入り、そのまま仕事辞めることになりました|ω・`)

結局転職することになり、仕事の環境は良くなったのでこれは結果オーライかな?ただお年のせいで、慣れるまでは大変で焦って捻挫なんかしちゃったりと、何かと怪我の多い一年でした。

でも昨年東京行った息子のR君が、バイト生活を無事卒業して就職できたのが親バカだけどかなり嬉しくて、自分の痛みなんてどおって事無いのですよ。ホントにこれが一番嬉しい事でした

それから、前に参加してたゴスペルのグループの昔の仲間に連絡もらって聞きに行ったり、銀行時代の同窓会に出かけたり、昔お世話になった鈴木秀子先生の講演会に行って昔の仲間と再会できたりと過去を振り返ることが多い一年でもありました。

長年の友人で、実家から大学を卒業するまで通って、そのまま就職して、結婚してからもずっと実家の近くに住んでる子がいるけど、私ときたら引っ越しばっかりで、仕事も結構変わったし、趣味も次々変わるしで仲いい割には正反対の人生を歩んでます。

もちろん私は生まれた実家が山の中で、学生時代引っ越しは必須で、結婚しても転勤族やったし、旦那亡くなってそれなりに環境の変化があったのも確かなんだけど、基本的に変化が嫌というより、ひと処に留まるという事がどうも苦手で、ふらふら居場所を変える遊牧民的な気質に寄る所が大きいと今年悟りました これは大好きな須賀敦子さんの小説を全集読み返して「ノマッド、放浪者」という言葉を知り「これって私の事やん!」と、妙に腑に落ちた一年でもありました(笑)

来年はどんな一年になるのでしょうか?台風、地震など天変地異も心配ですが、オリンピックイヤーでもありますね。私は少しは落ち着いた一年になるのかな?

今年もとりとめの無い日々のバカ話を覗いてくださって、ありがとうございました+゚。*(*´∀`*)*。゚+
みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。

小さいカバンを探す

仕事に行くときは、紺色のラルフローレンのかなり大きめのトートバックを愛用してます。この中にお弁当も着替えもファイルも入れて、出かけてます。
ただこれだとかさばるので、途中でお店に寄ったりする時は、別の小さいバックに財布とスマホとハンカチなんかの必要最低限の物だけ入れてて、すぐ取り出せるように、トートの中に入れてます。

今使ってる小さいカバンは可愛いけど、ファスナーもボタンも付いて無いので、たまにスマホが飛び出してしまったりしたら、トートをひっくり返して探さないといけないのがちょっと面倒:(´◦ω◦`):

他にいいのないかな?と新しいのを探してますが、なかなかこれというのが無くて。。。シンプルで、トートに入れててもかさばらなくてファスナーかボタンが付いてるのが見つからないんです。 この前300円ショップに行った時、ふと目に止まったのが可愛いくておまけにちゃんとファスナーも付いてる小さ目のバック!もうこんな簡単なのでもいいかな?これでいいやん♪とカバンの中をみてみたら、なんとシルバーのフィルムが貼っててよく見たら「お弁当入れ」って書いてありました(笑) さすがにこれは無いわ・・・と思ったら急に母のカバンの事思い出したのでした。

晩年、母が色あせてくたびれたカバンを持ち歩いてるのが気になって、母の日に新しいのをプレゼントしようと一緒に買いに出かけたのに、なかなか母が気に入るものがなく、それでは母が気に入って、持ち歩いてるカバンは一体どんなのかと気になって、中を見たらなんとシルバーのフィルムが貼ってあって、まさかの保冷バックやったんですヨ(;゜0゜)

なんでこんな安っぽいの使ってるの?と聞くと(母には他にも色々バックはプレゼントしてたのに全然使ってくれなかった・・・)母いわく、「軽いし何でも入るねん」とニッコリ(*´v`)  マジか!母もだいぶボケてきちゃったのかな。。。と衝撃を受けた事あったなぁ(笑)

あの頃は、歩く時もシルバーカーが無いとしんどそうやったので、軽さが一番のポイントやったんでしょうね。。。ちょっとビックリしたけど、今ならよくわかる気もします。 母の「ほれ見てみい!オシャレより使い勝手が一番やで。」って声が聴こえる気がしました(^^)
でもまだ私は保冷バックはいらんので、もうちょっと探したいと思います(。-_-。)

まだまだ雨が降っている!

記録的暴風だった台風19号が来て、広範囲の被害が出てたくさんの方が亡くなってしまいました。でも東京都内の被害は比較的少なく、そのおかげで翌日のラグビー日本対スコットランドの試合が無事開催されて、自国開催の日本は最高に盛り上がりましたよね!

続いて22日には天皇陛下が内外に即位を宣言する即位礼が各国の元首や王族を招いて厳かに執り行われました。長い事適応障害でご苦労された皇后雅子さまが美しく輝いておられて、外国からのお客様美にエレガントに対応されてたのも令和を感じさせる出来事でした。雨の中始まりましたが、途中で雨が上がったあとに御所にかかった虹は神秘的なものでした でも19号の雨の被害は広範囲にまたがって、東京も危なかったし大きな被害が出ていたら、ラグビーの盛り上がりも、即位の礼も開催も無理だったのではないかと思います。本当に日本は不思議な国です。

とわ言え、今日も又雨が凄くて千葉県、福島、宮城と関東の被害が続いています。昨年は関西というか西日本の自然災害が続きましたが、今年は関東が集中的に何度も被害が出ているので心配です。

大昔から、天変地異と共に生きてきた日本ならではの価値観、自然の中に神を感じて恐れ感謝して、穢れを嫌い個人で生きるというより、独自の倫理感を持って、皆で力を合わせて乗り越えてきたのが、日本人なんでしょうね。

最近の私はと言いますと、20日に近くのホールであったPencil Bunch のゴスペルコンサートを見に行くことができ、元自分も参加してた草津クワイアのメンバーの歌も一部参加してたので、盛り上がって帰ってきました!それから神戸へ遊びに行ったり元気に過ごしてたのですが、お風呂の暖房が壊れ・・・これはすぐ修理してもらえてヤレヤレと思ってたら、またまたやってしまいました。。。昨日慌てて足をねじってしまい痛くて痛くて病院行ったら、中程度の捻挫と言われてしまいました(つω-`。)

4月に肋骨4本折ってから半年しかたってないし、整形外科の先生の顔がなんとなく「お前また来たのかよ・・・」みたいやった(笑)
昨晩は痛いし、完全に自分のミスでやっちゃったし仕事も休むので、情けなくてかなり凹んでました。でも痛み止め飲んで湿布して、病院でもらったサポーターつけたら、だいぶ楽になりました。今年もあと2カ月余り、なんとかもう怪我しないよう願っとります(。´・(ェ)・)