FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

〜今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・〜
「凪のお暇」が終わってしまった。。。 2019.09.21
みすゞと雅輔 2019.09.14
京都芸大と言えば 2019.09.04
夏風邪をこじらせてしまう 2019.08.29
今年の果物は甘いらしい 2019.08.22

日本人として亡くなられたんですね

昨日、2月24日に日本文学研究者のドナルド・キーン氏が心不全で亡くなられたニュースが流れました。もう高齢だったので、近いうちにこんな日が来ることは予想してましたが、本当に残念です。

日本人に生まれながら、翻訳された海外文学ばっかり読んで、日本文学というか日本文化にも否定的に育ってしまった私にとっては、ドナルド・キーン氏や白洲正子さんの本に出合えた事は、まさに目から鱗という感じでした! キーンさんの影響で源氏物語も読んだし、三島由紀夫にもハマりました(*’U`*) 

特に「明治天皇」という本は天皇という存在、明治維新の時代に日本を取り巻く諸外国と日本側のやり取りが、ホンマに面白かったなぁ。
日本政府は当時、他のアジアの国々のように、西洋列国から不平等な要求を突き付けられ、追い詰められながらも、それに一歩も引かず知恵を絞って対抗してる姿に胸が熱くなりました!かなり有能だったんですよ。それで日本という国を守ってきたなんて全然知りませんでした。膨大な当時の資料を元に一冊の本にまとめられたのが、外国人のキーンさんというのが何とも言えません。

2011年の東日本大震災の時、「日本人と共に生きたい」と日本国籍の取得を表明された時、励まされた人は多かったのではないでしょうか?

私は、違う視点で日本という国を教えて貰えて感謝しています。平成がもうすぐ終わるこの時期に亡くなったのも意味が深い気がします。ご冥福をお祈りします

スポンサーサイト



「にんじん」という物語をおもいだしました

一月は仕事が大変で、長く感じてしまったけど、やっと二月!今日は節分です・・・と言っても、特にイワシも巻き寿司も食べませんけど、近所の神社にお参りに行ってきました。

最近の何とも気の滅入る話題は、千葉の10歳の女の子が、自宅で亡くなった事件です。父親からの暴力を必死の思いで教師に訴えて、すぐに一時保護されたにもかかわらず、父親からの猛烈な抗議に屈する形で、教育委員会は少女のアンケート用紙を渡してしまっていた事が、明らかになりました。父親の虐待を止めるどころか、かえって増長させてしまったのは、間違いないようです。

昨年は東京で、5歳の少女が継父と実母の虐待によって、亡くなってしまったけど、今度は小学生で心愛さんは、自宅での恐怖の中、学校のアンケートに一縷の望みを託して勇気を振り絞って回答したんだろうし、彼女は本当に頑張ったんだと思う、それがこんな最悪の結果になるとは知らず。。。

教育委員会の対応は論外だけど、やはり父親の愛情とは真逆の娘への異常な執着がわからん。自分の血を引いてる実の娘なのに何でそんなに残酷な対応ができるのかと。

それで、小学校の頃読んだルナールの小説「にんじん」思い出しました!赤毛でそばかすがある少年は、実の母親から実名ではなくてあだ名の「にんじん」と呼ばれ、日々理不尽な怒りを一人ぶつけられて生活しています。他に兄と姉もいるけど母親の愛情は上の二人にのみ注がれていました、父親は空気。とうとう最後ににんじんは自殺しようとするのではなかったかな?淡々と描かれてはいるけど、なぜにんじんがそこまで嫌われるのかの説明がなくて、子供心に後味の悪いモヤモヤが残りました(;゜0゜)

今回のような子殺しのニュースが報道されるようになって、やっと物語だけではなく実際に世の中で起こっていることなんだとわかるようになりました。実際に「にんじん」はルナールの子供の頃の実話を元に書かれているそうです。

「もうおねがい、ゆるしてください」とノートに書いてた5歳の女の子、「先生どうにかできませんか」とアンケートに書いた今回の心愛さんを思うたくさんの方の祈りが届きますように……



当時は30代前半だったとは

会社の若い子がイベントの余興で『「ザピーナッツ」の「恋のバカンスhttps://www.youtube.com/watch?v=UtAcZG0z-j8」歌うんです!』とスマホでYouTube見ながら練習してはりました。
「ザピーナッツって人気あったんですね~」って言うので、「姉妹のどっちの人か知らんけど、沢田研二と結婚してはったんやで!」と教えてあげたら、キョトンとして「サワダケンジって誰ですか?」と言われてしまった。。。聞いてた他の子が「SORAさん、私知ってますよ!」って慌ててフォローしてくれたのが、よけい空しかったんですけど(゚△゚;ノ)ノ

そうか最近の子はジュリーも知らんのか……と思ったのが先月の事でしたが、子供の頃流行ってた「寺内貫太郎一家」でジュリーィ!って叫んではった、きん婆さん役の樹木希林さんが亡くなったと聞いて、ビックリしました!

私が「万引き家族」見たのが6月で、確か5月にはカンヌにも行かれてたと思います。これから益々国際的に活躍されるものと信じてたので(°_°)
確かにジュリーを始め、あの頃人気だった芸能人の事を今の若い子は知らないと思うけど、樹木希林さんの事だけは知ってると思います。主役ではないけどずっと実力派のわき役として、凄い存在感を放ってはりました。

テレビで樹木希林さんの映像流してるの見て、変やなぁと思ったのが亡くなった時の年齢が75歳だったことです。だっておかしい!寺内貫太郎一家は1974年から放送とすると、実年齢は当時31歳のはずなのに、もう婆さん演じてはったってことですよね当時はさすがにホントのおばあさんとは思わなかったけど、50代ぐらいの方が演じてるもんだと思ってました。

若手の女優さんが、変わり者のおばあちゃん役のオファーがあったら、普通断るでしょう?でも全身全霊で演じてはりましたもんね。その女優魂が凄いなとあらためて思います。

悲観したりいじける事無く役を楽しまれてるようでした(* ´ ▽ ` *)そういえば全身にガンが転移して体が変わっていく事でさえ、初めての体験を面白がっておられるように見えたと是枝監督が言ってましたよね。

その時その時に与えられた状況をどこか俯瞰して見ておられたんでしょうか?きっと魂が老成している方だったんでしょうね、ご冥福をお祈りします。

ところで私は、先日母の三回忌を無時に終えることができました。極親しい人だけ自宅に集まってもらい、こじんまりとしたいい法要だったと自己満足しております(。-_-。) 実家のお寺さん(通称おっ↑さん↓)も、高速乗ってウチまでお経をあげに来て下さいました。今回気付いたんですけどちょっとピコ太郎さんに似てはります(笑)

いいチームでしたね

寝過ごしちゃったわ、今朝。目覚ましセットしといたのに、目が覚めたの6時でした(´・_・`) いつタイマー止めたのか記憶にない。。。テレビつけたら、乾泣いてた(ノ_<)いい試合なのに負けちゃったとは。

ホントいうと、それほどサッカー好きじゃないし、W杯も見たり見なかったりです。今回はいつもより関心無かった。

ところがですロシアカップ直前のパラグアイ戦で、乾が2ゴール決めたんですよね。今回「大迫半端ないって」が注目されたけど、乾も地元滋賀の野洲高2年の時、全国高等学校サッカー選手権に出て大活躍して優勝してます。あの時は地元盛り上がったんですよ♪(/・ω・)/ ♪いずれは日本代表に選ばれるものみんな思ってたんやないかな。順調にマリノス行って、その後ドイツで頑張ってたけど、日本代表に呼ばれることはついぞ無く。。。
それでも、仕事でお世話になった方の子供さんが、野洲高で乾君とチームメートやったと聞いて、勝手に親近感持ってました(笑)

その乾が、監督解任のゴタゴタの後の重苦しいチームの空気を変えるゴール決めてくれちゃいました+.(*'v`*)+ 乾もう30歳になってた!そりゃこのババも大興奮です♪

それから、コロンビア戦、セネガル戦、ポーランド戦と見て、今日も活躍したの見て感無量でした!日本チームの中でも小さな169センチの乾が、大男達の間をすり抜けて華麗にゴール決めるのを見られたのは気分良かったなぁ。

大会直前に大怪我して今回もダメかという状態やったことも知ったし、前監督ハリルホジッチさんには全然評価されてなかったのに、西野監督が起用してくれたことに恩義を感じてたことも知りました。

ポーランド戦では、西野監督の作戦が批判されましたが、(セネガルの言い分もよくわかるけど・・・)ハリル監督だったら、乾も柴崎も出ることは無かった訳で、たった2カ月でこんなにも選手の心掴んでチームをまとめあげるとは凄い方やと思います。日本に批判的だった海外のメディアも高評価に変わりました。

FIFAランク61位の日本のチームが鋭い分析と組織力で、ランク3位のベルギーに、互角に戦えたのは凄い!勝てたらもっと凄かったけど(;_;)

次の大会は乾はもう無理かなぁ、今回は監督変わった事も大きかったけど、それぞれが持てる力を出し切って戦ったいいチームでしたよね!お疲れ様でした☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆




ちょっと安心しました

このたび息子のR君が転職することになり、6月から東京で働くこととなりました。しかも急に決まったので、ここしばらく息子は住まい探しや、引っ越しの用意でバタバタししてました

取りあえず住む所を心配しましたが、かなりの格安物件を見つけて決めちゃったんで、大丈夫かと心配してました。17日に引っ越したので、私も昨日、一昨日と様子見に行ってきました!

古めのアパートなんですが、室内はキレイにリフォームされてて、台所も広めで使いやすそう!窓にはシャッターが付いてて防犯にも安心。なかなか機能的に出来てました。引っ越してすぐ大家さんが連絡してくれた業者がネットとテレビの接続してくれたそうで、値段も安い設定だったので息子も喜んでました。(以前東京でRが借りてたアパートは、台所がメチャ狭かったんです。ネット業者は自分で探して大変そうやったし) 今のアパートの玄関にお花のプランターが並んでて、裏庭にも花が植えてあって小奇麗に管理されててる感じでした・・・結果なかなかの掘り出し物ではないかと思ったのでした。

息子が不動産屋さんに聞いたところでは、ここの大家さんはいくつものアパート持ってるらしいけど、どれも値段が安い割に管理がしっかりしてるので、長く借りてる人が多くて、空が出ないんだそうです。今回空があってラッキーでした!そう言えば、作業服を着たおじさんが庭をウロウロされてたけど、後で考えたらあの人が大家さんだった気がする。。。挨拶しとけばよかったな(。-_-。)

部屋を借りる時、不動産屋さんから、鍵の交換は2万だけどどうするか聞かれて、息子はそのままでいいと答えたらいい(;゜0゜) R!そこはケチるとこちゃうやろ ところがです、前の借主の人が鍵を返す時スペアーキー無くされてて、今回は無料で替えて貰えたそうです!なんとラッキーなやつなんでしょう(笑)

本人は新しい仕事を始める事に対して、勉強はしたものの実務経験が無い仕事なので、今になってホントにやっていけるのか不安が大きいようなのです(゚△゚;ノ)マジか。。。

今回は採用試験でも、住まい探しでも数々のラッキーが重なりました。それを当たり前と思うのか、それとも有難いと感謝できるのかで、今後が変わってくるのではないのかな……などと思いながら、帰ってきました。。。 

実はRのアパートで必要なカーテンを私が買いに行ったものの、サイズ間違えて(短すぎた( ;∀;))買い直したのでした 要らないカーテンは勿体ないし大津で使おうと持って帰ってきたのがやたら重かった。しかも東京は猛暑で汗だくやったのに、新幹線で京都着いたら寒くて寒くて疲れる&アワアワの私でした。まぁ、かなり頼りない母もこちらから応援しております(笑)