FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・

物々しい雰囲気でした

乳がん手術から早8年、今年も定期検診の季節がやってきました♪(/・ω・)/ ♪

例年と違うのは、私のかかり付けの病院が第一種感染症指定医療機関として、今コロナ患者を受け入れているということでしょう!
なので、この時期の検診は延期になるのではないか?と思っていたのですが、一年前から決まってたからなのか、ガンの検診は別枠なのか延期の連絡もありませんでした。コロナ患者が入院されてるのは隔離された専門の感染症病棟らしいし「まあ大丈夫でしょう!変に引き延ばしても心配やし」と思って行ってきました。

やはりというか、病院内はもの凄く空いてました(笑) それだけじゃなくて、出入り口が一階と二階のそれぞれ一カ所以外は閉鎖されてるし、職員の出入り口も決まってるし、何より警備のためなのか通路はロープが張ってあって、あちこちに人が立っててもの凄く物々しい雰囲気でした(;゜0゜)

入り口では、今の時期お決まりの手のアルコール消毒と体温測定をして、ちょっと緊張しながら受付して、いつもどうり血液検査に行ったらやっぱり人が少なかったです。すぐ呼ばれてサクサク終わり、その後のCTも予約時間よりだいぶ早かったけど、こちらもすぐ終わり、最後のマンモグラフィーも早かったです! お金払って時計見たら、病院に入ってからまだ一時間しか経っておらずビックリでした!だいたいは午前中いっぱいかかるんですけど今までで最速でした。゚(゚^∀^゚)σ。゚

早かっただけじゃなくて、今年は今までで一番マンモグラフィーの検査が痛くなかったのがGOODでした
※簡単にマンモグラフィーの検査の説明すると、圧迫版で乳房を挟んでぺちゃんこに薄くのばした後、X線の撮影をするんですが、これがもの凄く痛いんですそのためマンモグラフィーは二度と嫌!という方結構おられるんです。

以前も書いたけど、男性でめちゃくちゃヘタな人がいて、圧迫版で挟んでこちらが脂汗出しながら痛みに耐えてるのに長々と説明始めて気が狂いそうになって「ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪!早くよう撮らんか!おまえの○○○挟むぞゴラー」と叫びたかったけど、あまりの痛さで声も出なかった・・・・・・なんて悲惨な事もありました。。。もちろん男性でも痛くなくてスムーズに撮って下さる方もいるけど、ここ数年はいつも女性です

やはり撮影が女性のほうが説明が丁寧で、女性の気持ちになって扱ってくれる感じなんです。おっぱい触られたりも安心できますしね。その中でも今回の担当の方は一番で、取り直しも無くて、痛みもあまり感じないくらいでもまあここで喜んでる場合じゃなく問題は検査結果なんですけどね(笑) 今度検査結果聞きに行かなくては

スポンサーサイト



7年目の検診が無事終わりました

乳がんの手術をうけて早7年、今年も定例の検査結果を聞きましたが問題無しでしたp(*^-^*)q

ただ例年と違うのは、担当の先生が変わって男性のT先生に変わった事。話も前の聡先生が健康状態全般についてだったのと違って、「経過も安定していますし、ここらへんで乳房再建を考えられたらどうですか?」と言われて、ビックリ!そんなこと考えた事無かったので。

昔は乳がんと言えば、命第一で乳房全摘が当たり前だったけど、私が手術した頃は条件にもよるけど、がん組織だけ切り取る乳房温存手術が一派的になってました。その頃も術後のバストを出来るだけ綺麗にしたいなら、全摘にしてすぐに再生手術をしたほうがいいと先生から話がありました。でも乳がんの手術はとにかく組織検査しないと手術自体がどうなるか分からない状態で再建なんて考えられなかったし(´д⊂)
しかも、再生の手術は当時京都の病院を紹介してもらわなくてはならなかったので、ちょっと無いなと普通に温存手術にしていただきました。

今はQOL(生活の質)を重視した治療が一般的になってきて、以前は無理だった人工乳房(インプラント)による乳房再建も保険適応になり、最初の手術の時に再建手術もいっしょにやってしまう事が増えてるという話は知ってました。

私の場合は二時再建と言って、時間が経ってからですが、どんな方法があるのか話だけ聞くことにし、とりあえず病院内にある形成外科の予約を取ってもらいました。その間自分でも色々調べてみたのですが、温存手術をして放射線治療をしている私はインプラントの再建は無理で、自家組織(自分の体の一部の組織、腹・背中・太もも)から切り取ってそれを移植するというかなり大変なものになることが大体想像できました(。´・(ェ)・) ネットで体験者の話調べても手術時間も長いし、入院も2週間はかかるみたいでこの時点でかなり引いてしまった(^^;

実際形成外科の先生の話でも「背中の組織を移すのが一般的で、一部皮膚も背中から移植すると、乳房の色が一部変わります」と言われ、((((;´・ω・`)))てなりました(笑)

今の状態は手術の後が一部凹んでるものの、パッと見ても分からないくらいのレベルなので、私は気にせず温泉にも行ってます。今ボリューム重視で手術すると余計目立つようになるかも。。。

結局その場で返事せず、「よく考えます」と言って帰ってきたけど今の条件やと無理かな。色々調べて分かったのが保健適応の手術は医師の技術の差が激しいみたいで、満足度に差がでるようです。そりゃ美容整形外科だと見た目までが要求されるけどべらぼうに料金高いですもんね。それでもトラブル多いのに。

温存手術でも担当医の技術の差が激しいんですよ。ネット見てたら術後の画像が色々出てきて「これは無いわ…」というレベルの画像がいっぱい出てきました!あらためて私を手術して下さった聡先生は丁寧にして下さってたんだなって思います。姉の話やと私の手術の時なかなか手術室から出てこなくて、心配して聞きに行ったら看護師さんが「手術自体はもう終わってますが、今縫合の処理されてます!」と言われたそうで今考えると時間かけて処理して下さってたんだろうと思います。

もう病院移られて担当も変わったけど、当時いい先生に手術してもらえて、ホンマに幸運だったんだなぁ私 (o‘∀‘o)*:◦♪

お世話になりました

今日は東日本大震災から8年ということで、テレビの特集が続いてました。
もう8年!あの日テレビで見た映像があまりにも衝撃的で、恐怖でおののいてました。しかもあの日以来、日本の封印していた秘密の扉が開いてしまったように、大きな地震があちらこちらで起こるようになってしまいました。それにしても、あの日の津波の被害は広範囲で凄まじかったです。亡くなられた皆様のご冥福をお祈りいたします

この8年私は何をやってたんだろうって考えると、私にとっては、翌年の2012年に検診で乳がんが見つかって、手術したのが大きい出来事かな?今年はもう7年も経ってしまいました。いつもは手術した5月に毎年マンモやら、CTやら、MRなんか撮るんですが、今年はなぜか先日呼び出しがあり、しかも検査の予約もしてないのに何だろうと出かけると、担当の先生が他の病院に移動されるという話でした。

ホントに優秀な女医さんで、ガンも比較的安全な種類だし、手術も難しいものではないときちんと説明してくださったので、不安になることも無く無事終える事ができ術後も順調でした。ところが先生は画像見ながら脂肪肝になりつつあると、体質改善をうるさく指導されることになりました(;゜0゜) 別に太ってなかったし、血液検査でも引っかかったこと無かったのに!

とにかく運動すること…20分程度の有酸素運動週三日でいいから続けろと。。。最初は半信半疑でしたが、ウォーキング始めたら結構簡単に体重が落ちてびっくりでした。それからというもの自分でも色々調べてみて、私の食生活は問題有なのかもと気が付くことができました。

今は一人分でもしっかり作って食べてます(*´v`)

朝ごはん

担当して下さったサト先生にもう見て貰えないのは残念だけど、優秀な方なので大きな病院に移られ、より一層活躍されることと思います。お陰様で私は、7年前より体調はいいし(腰&尻の痛みも,もう大丈夫ww)、何より太りにくくなりました!あの時ガンが見つかって、先生に言われた事がきっかけで、自分の健康に関する意識が変わったんやと思ってます。もしガンで無かったとしても、別の病気になってたような気がします。いい先生に出会えて感謝でいっぱいです(o‘∀‘o)*:◦♪つくづく人生何がきっかけになるか分らんもんやと思う今日この頃です。先生お元気で♪

天然ではないと思う

前回、マンモグラフィーが痛くなかった!と興奮して書きましたが、よく考えたら普通は検査結果聞いてから書くもんですよね(^^;  一週間後、結果聞きましたが、問題なしでした(*’U`*) ホントいうとマンモだけでは安心できないんですが、エコーとかCTも合わせて撮ったし、血液検査の腫瘍マーカーの数値も低かったので大丈夫でしょう!

以前の検査で、脂肪肝のおそれありと言われ、担当の先生に、「運動したらすぐ直るから兎に角一日20分運動しなさい!」と言われたので、頑張って一年前にウォーキングで3キロ瘦せて、体脂肪もマイナス3パーセント減らすことができました。今回の検査でもその状態が維持できてたので、「よく頑張ってますね!」って先生に褒めてもらえたのが、嬉しかったです(o‘∀‘o)*:◦♪

でも人生良い事ばかりではない。。。最近仕事で「SORAさんて、天然ですよね!」って言われてしまった💦 確かに、抜けてるところはあるけど、天然では無いと思う! それで気がついたんだけど、どうも聞き間違えが多いんだな、最近。

もしかして、聴力が落ちてる? なんかそんな気がしてきました💦実は子供の頃、よく中耳炎になってもともと耳は聞こえにくいほうだったんです・・・何度も聞き直すと怪訝な顔をされるのが嫌で、聴こえない部分は、相手の表情やら状況で適当に判断する癖がついてて、それで問題なかったのに。 そういえば、耳鳴りがしてることがあるなぁ、どうもお年のせいで、悪化してるみたい|ω・`)

で、こちらも耳鼻科で聴力検査してもらいました!結果は右耳は良くはないが、そこそこ聞こえてるけど、左耳は悪いそうです(-_-;) それで、左側からぼそぼそ話しかけられると、聞き取れないことがあるようです。しかも聴力って治療はできないんだって。。。

まあ、日常では不便はないけど、問題は仕事中です。これはもう、耳聞こえにくいって周りに言っとくしかないでしょう( ‘o’) あ~あ面倒くさいなもう・・・加齢なる日々。でも天然じゃないもん!キリッ(笑)

憂鬱なマンモも無事終わる

6年前に乳ガンの手術をし、昨年無事5年が過ぎたけど、いまだに5月にはマンモグラフィーを撮らないといけないんです

このマンモグラフィーはCTとか、エコーとかと違って板状のものでおっぱいを挟んで、更にぎゅーっと圧迫して撮影するにでメチャ痛いんです(ノ_<)このあまりの痛みに耐えられず、マンモはもう撮らないという人もいるくらいです。

私は今まで7回くらい撮ったかな?ハッキリ言って撮影技師の方の能力がかなり影響すると思います。上手い方だと凄く楽(^∇^)
一方でとんでもなく酷いのもあったなぁ。。。

とにかく痛い!しかも挟んでいて、こちらが一番痛い状態なのに、ウダウダと説明を続けるトンデモない人がいる(*`^´) 「このアホンダラ、今すぐ飛んで行って撮影終わらせんかい」と叫びたいけど、脂汗が流れるくらい辛く声も出ないという(T_T)

この時はさすがに落ち込んで、撮影の後で担当の外科の先生に「もうマンモは撮りたくない!」と直訴したけどあっさり却下されました(。´・(ェ)・)
そもそもマンモには相性があって、私自身、乳ガンはマンモで見つかりませんでした原始的に医師が手で触って診る触診でおかしいと言われ、その後受けた超音波の画像で判明したんですよ。。。だからマンモは今も意味無いと思ってます。

でも執刀して下さった担当医にはお世話になり今も信頼しているので、我慢するしかない(涙)今年も覚悟を決めて放射線受付に行くと、今年は初めて女性の方でした。 何か今までと違って、撮影の微調整が凄い!しかも声掛けも丁寧で期待できそうな気がしてきました。角度や高さを丁寧に調整してくれるので、いざ挟む時になっても痛くない!何?このスムーズな流れ+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 思わず撮影の後「こんなに痛くなかった事って無かったわ♪ありがとうございました!」って最敬礼しちゃいました

やはり女性の方が、マンモの撮影の大変さを分かってもらい易いってことなのかな?調べてみたら、マンモの撮影は非常に評判が悪くて、その対策として女性の技師の養成が進んできてるらしいです!これは朗報ですね。

でも、根本的にマンモに替わる簡単で確実な撮影方法が早く確立される事を願ってやまないのですけどね。せめて来年も女性の方にお願いしたいもんです。