fc2ブログ
2024/03/09

なんでかな、気持ちが落ち込んでる

漫画家の鳥山明さんが亡くなったと聞いてから、気持ちが落ち込んでます。

「Dr,スランプ アラレちゃん」とか、「ドラゴンボール」は特に関心なかったけど、「ドラゴンクエストV」はまだ小さかった子供が近所の子のゲームソフト借りてきて、やり方分からないというので一緒にやってるうち私までドラクエシリーズにハマってしまいましたw

ドラクエではゲームデザイナーの堀井雄二さんに頼まれ、ゲームの絵を書かれたのが鳥山明さんだったんですよね。キャラクターと、もの凄い数のモンスターが登場しますが、そのどれもが魅力的で完成されてました!

しかもゲームの音楽を作曲されてたすぎやまこういちさんの音楽は、とてもゲームの世界とは思えない、クラシックか映画音楽のようでハラハラドキドキ感を盛り上げてくれました。おかげで自分が冒険物語の主人公になった気分で楽しめました。

あまりにもハマってしまい、一時はNHK交響楽団演奏のゲームのCDまで借りて、車で遠出するとき聞いてました。曲を聴くとゲームのそれぞれのシーンが蘇ってくるようでした 愛らしいスライムが懐かしいなぁ。。。今でも呪文は色々覚えてますww

ドラゴンクエストV オーケストラメロディーhttps://www.youtube.com/watch?v=mxn-iy4sdkU

オープニング曲なんて、スターウォーズに勝るとも劣らないと思います

東京オリンピックでも選手入場の時、取り上げられましたよね!残念ながらその後すぎやまこういちさんは亡くなってしまいましたが、90歳と高齢でおられたので、しかたないなと思うところもあったのですが、鳥山さんはあまりにも若すぎる(; ;)

魅力的なキャラクターで愛と友情を描いた鳥山さんの漫画だからこそあんなにも世界で愛されたんだと思います。もっともっと新しいキャラクターを生み出してもらって、世界に広げて頂きたかったです。。。残念すぎて悔しい・゚・(つД`)・゚・
ご本人もやりたいことがまだまだあったと思うのです。最近、活躍中の方が急に亡くなるニュースが続いて戸惑ってます。

心よりご冥福をお祈りいたします。

それにしてもなんでこんなに気分が沈むのかな、多分ドラクエには子育ての不安と幸せ、そして引っ越しの多かった、まるで冒険のようだった日々とリンクしていて色んな思い出が詰まっているのかもしれない。

しかし子供が大きくなり、私も仕事で忙しくなりゲームもシリーズ途中からやらなくなりました。仕事をやめたら、老後の楽しみにあらためて挑戦してみようかな|ω・`)
スポンサーサイト



2023/10/12

爽やかないい一日でした!


今日は爽やかな気持ちの良い一日でした!一年中こんな天気だったらいいのに・・・・・・と思うくらい♪(/・ω・)/ ♪



              大木


           少しだけ紅葉も!


               図書館


        


実は、前にも書いたけど、自治会の次の役員を巡って今年始めから結構揉めたんですよ(ノ_<) 昨年の役員が私で、普通ならお隣さんが次の役員です。
ところが、数年前からご主人が体調崩されていて、しかも奥様も80歳手前で、足の膝が痛いとしきりにアピール始められたのですよ。。。

私よりだいぶ年上の方なので、私としては、無理矢理引き継いでもらうのは気が引けて、一つ飛ばして次の方にやってもらった方良いかと思ったけど、次の方からは「違う役をすることになってるから、2つは無理」と言われてしまったのです。

そうなったら、もう一軒先の方に回すべきかと思ってたら、「そんなに簡単に役員を飛ばしたらダメですよ!ここの地域も高齢化してるんだから、役員出来る人がどんどん減ってしまって、隣の地域みたいに崩壊してしまうじゃ無いですか」って言うおじさん現わる。

確かに隣の地区では、すぐに役員が回ってくるのが嫌だと自治会抜ける若い人が続出して、うちの地域と合併したばかり。。。一方で、「体調悪い人にやらせるのは気の毒」という人も結構いて、なかなか話が纏まらない状態に。

さらに、簡単に役員飛ばすなと言ったおじさんは何と私に「アンタが役員の仕事手伝ったらいいでしょう!」なんて言い出すし。
私的には、中途半端に手伝うなら自分がもう一年やったほうが良いかもと思ってました、これでは自治会辞めたくなる気持ち解るわと・・・w( ̄o ̄)w

お隣さんはというと、やりたくは無いけど自分から断るのも・・・・・・みたいいな感じだったんですけど、そこへお隣さんと同年代で割と仲良くされてたご夫婦が、「私達が手伝うから、深刻に考えずにやりましょうよ!」って声かけて下さって何とか決まりました。
ヤレヤレと思ったけど、その後も顔を合わせる度にお隣さんの体調悪いアピールは続いて結構憂鬱だったのです(ノ_<)

けれど暑い夏も終わり、運動会も終り、秋風が吹く頃には役員の仕事のメインな行事も終わりです。そのせいなのかお隣さん最近とっても元気!!

役員の仕事は面倒な事も多いけど、色んな知り合いも増えるし、元々は社交的な方だったんです。ご主人の体調が悪くなってから、雰囲気が変わってあんまり外出されなくなってました。なんと今日は、庭のお手入れを膝を曲げて(!?)されてて、綺麗にメークもされて若々しく見えましたw 

お隣さんから、お取り寄せされたという焼き菓子まで頂いたのですよ(*^-^*) ホンマに良かった。コーヒー淹れてしみじみ味わいました。
今回のもめ事は、この先の自分の生き方をどうしたもんかと考えずにはいられませんでした。 まだまだ答えは出ませんけど|ω・`)


     
2023/02/06

天職って多分こういうこと

吉本ばななさんの本は、好きで前はよく読んでましたが、久しぶりに「自分を愛すると夢は叶う」っていう対談集を見つけたので、読んでみました。
その中で「天職」について話されてるのが面白かったのです(*´v`)

ネットで調べたら「天職」とは、「天や神が与えた、その人にぴったりあった職業」のこと。やりがいを感じ、意欲的に取り組め、たとえ、もらえるお金が少なくても続けたいと思える職業って載ってます。

一方、ばななさん曰く
「簡単に言ってしまうと、天職は「天が自分に求めている仕事」であって、「自分が天に求めている仕事」ではないんです。ところが、一般的には、「自分が天に求めている仕事」を天職と勝手に呼んでる気がします。
「天が自分に求めている」ということは、「天が自分に授けた能力」であって、「自分が授かりたかった能力」ではないということで
す。 
「天が自分に授けた能力」と「自分が授かりたかった能力」が一致すると、天職が見つかったと思えるのかもしれません。
そこが一致しないということは、自分の内側の調整がうまくいっていない。だから、まずそこから調整していかないとしかたないのかなと思います。
たいてい「すでにしていること」が天職だと、私は思います。少なくとも、やったことがないことではない。「すでにしていること」あるいは「やらざるを得なくなったこと」だと思います。

って、きっぱり言われてて、流石やなぁ~て唸ってしまいました(。-_-。)
若いときは、みんな「ここでは無い、どこかに自分にぴったりの仕事や人生が有るんじゃないか」と思いがちだけど、実はそんなものは無くて、気が付けば必要なものはちゃんと身近にもうすでに引き寄せてるのかもしれません。家族のために働いてる専業主婦だって納得できれば立派な天職かもしれないし。

天職や才能も、色んな意味で、「取りに行くもの」ではなくて「気づいたらあるもの」ですって!なるほどねぇ。。。

2022/12/30

夜警に行って来ました

今年も残すところ後一日のみとなりましたね。

私は組長の今年最後の仕事で「火の用心!」て拍子木を打ち鳴らしながら、町内を回りました(〃▽〃) 
大阪の堺市では、同じく年末警戒パトロール中だった男性4人が車にはねられて、そのうちお2人が亡くなるという痛ましい事件があったばかりなので、大きめの懐中電灯を持っていきました。今は夜自宅の前にセンサーを付けてるお宅が多くて、前を歩くたび反応して、あちこちでライトがピカピカ当たり、今の時代に夜警って意味あるのかな?などと少し複雑な気分になりましたw

今年私は仕事変わり人間関係も変わったのに、あっさりと首になったりと変化の多い一年で体調もイマイチでした。。。そしてなかなか収束しないコロナに振り回されてました。
世界的には、ロシアのウクライナ侵略が起こり、解決しないまま年を超すことになるとは!この時期気温が氷点下のウクライナでは、発電所が爆破され、暖房が使えないと聞いて心が痛みます( ノД`)

私は年末に手術し、術後も体が思うように動かせず、仕方ないとは言え、どんよりした気分でしたが、流石お医者さん!予言通り、1ヶ月が過ぎた途端、グッと元気が出てきました!これで新年からは気分新たにスタートがきれそうな気がします。

病院ではたくさんのスタッフの方にお世話になりました!医療関係の方はお正月も仕事の方がほとんどだと思います。私も昨年までは、年末年始は交替で働いてましたが、今年は暖かな部屋でゆっくりさせてもらってます。サービス業その他の、たくさんの休めない皆さまに感謝します

そしてこのブログを何度も覗いて下さった皆さま、本当にありがとうございましたどうか良いお年をお迎え下さいませ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2022/11/25

やはり歓喜でしょう!

ワールドカップのカタール大会、日本がドイツに2-1で逆転勝利して盛り上がってますね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今日のTV解説の人が、なんか見たことある顔と思ったら、「ドーハの悲劇」の時選手だった、福田選手でした!
懐かしい。。。そう忘れられないドーハの悲劇(涙)

あの当時「アメリカワールドカップへ行こう」ってマスコミも毎日煽ってて、アジア予選の最終戦で、もうほぼ決まった!!って思ったらロスタイムで同点にされて、一瞬で日本人の夢が崩れ落ちてしまった瞬間は忘れられないです。

もう辛くて辛くて、泣きそうでした。。。テレビ見てた日本人はみんなそうだったと思います。期待が山のように膨らんでたので、気持ちの持って行き場所が分からない感じでした。それから何ともう29年も経ってたんですね(;゜0゜)そっちも驚きですw

全然印象に残ってなかったけど、森保監督も当時のメンバーだったとか!色々なプレッシャーを抱えて、今回は采配する側で選手を率いた森保監督がやってくれました!29年前と違って、海外で実力を磨いた選手が多かったとは言え、後半戦の戦略は見事で歴史的勝利は間違いないですね。

今回は「ドーハの奇跡」という人もいるけど、当時のトラウマで今でも、ロスタイム不安症を発症してきた私としては、「ドーハの歓喜」がピッタリきます。29年のモヤモヤを一気に吹き飛ばしてくれましたもん♪感動して涙が出ました+.(*'v`*)+

でもまだ試合は続くので、浮かれすぎず応援していかなくては。

※しばらく私用でバタバタしてるので、なかなかブログ更新できないと思います(。-_-。)