FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・

猫も木に登る

先日書いたけど、庭の柿がたくさん実り、近所に配って歩いたのです。そしたらその後方々からお返しを頂き、しかもほとんどがスィーツということで嬉しい悲鳴というか、ちょっとグッタリの毎日です(○´・Д・`)ノそれでもまだ柿は残ってるのですよ。

それで、ガスの給湯器の不調を見に来てくれたメンテナンスの男性が帰らはる時には、すかさず柿の入った袋を渡したのでした!個人的には好きでなくても、会社に持って帰ってもらえば、誰か食べてくれはるしね。今うちに用事のある人は、もれなく柿の入った袋を持って帰ることになっております(〃▽〃)

今年は上に伸びてる枝を思い切って切ったけどまだまだ実が多すぎる(;゚ロ゚) 来年はさらに前に伸びてる太い枝も切ったほうがいい気がしてきたわ|д゚)チラッ

今日は家の裏側から帰ってきたら、何か白い塊が柿の木に乗ってる!!


柿の木に」猫1



柿猫2



と思ったら、なんとご近所の猫でした。。。
全体が写ってないけど、結構高いところに登ってます!ベランダに届く高さです。私と目が合っても慌てる素振りはなかったなぁ。

私が鳥さんのために取っといた残りの柿を取りに行ってる模様。一生懸命手を伸ばしてましたけど、柿には手が届いて無いみたいでした、いや取れるのはもう取って食べたのかもしれませんけど(笑)

猫って木に登るんですね!しかも柿食べるの?知らなかったわ( ‘o’) 時々見かけるけど、どこの家の猫かが分からないんですよね、家がわかったら喜んで届けてあげるのに!

今日は大阪都構想の住民投票でした。ニュース見てるけど夜10時現在、接戦でまだ賛否は分かってません。
住民でもないけど大阪が変わるの見てみたいので、再編してほしいかな?ちょっと苦戦中みたいけど。

アメリカの選挙ももうすぐです、こちらも接戦でどうなるのやら。。。しばらくニュースから目が離せませんネ(*´~`*)

今朝、夢に久々に亡くなった夫が出てきたんですよ、どこか出張から帰ってきたみたいで、家で服着替えてくつろいでて私もほっとしてる夢でした。もうすぐ命日やし出てきてくれたのかな? もう大分慣れてきたけど、「GO TO トラベル」夫婦で行ってる友達とか多くてやっぱり羨ましいなぁ。コロナの時期に友達誘うのは憚られるし、やっぱり家族が良いと思う。

お仏壇には好物だったラ・フランスの梨ともちろん柿も供えてますよ♫

スポンサーサイト



柿を収穫してから、枝を切った



柿 2020


今年も庭の柿がたくさん実り、収穫いたしました!ざっと300個ってところかな?

これを一人で収穫するのは結構大変なんですよ・゚・(つД`)・゚・長いのと短いのと2本の高枝切狭を駆使し、下からつついたり、家の横の土手に登ったり、2階のベランダから身を乗り出したりしと奮闘しました( ̄^ ̄)ゞ どうしても届かないのが、後50個ほどあるんだけど、これは鳥さんへのプレゼントに残します。

さっそく柿好きのご近所さんへとおすそ分けにまわり、千葉にいる息子にも送りました!それでもまだまだ残ってる。。。柿は大好きで植えたんですけど、まさかこんなにたくさん実るようになるとは思ってもいなかったなぁ。息子も居なくなって一人ではちょっと大変になってきたわ。

理想としては、100個くらいで丁度いいんだけど、年によっては400個以上取れる年もあるし、50個ぐらいの年もあり、全然見当がつかないんですよ。でもさすがに木が伸びすぎて柿の葉が屋根の雨樋にたまるのも気になり、そろそろ植木屋さんに高い枝を切ってもらうつもりだったけど、今年は勢いで自分で伐採することにしました。

最近は、道具も進化していて、ネットで買ったノコギリ使うと、20センチくらいの木だったら、すんなり切れてしまうし、油圧式の枝切り鋏も、力入れなくても直径5センチくらいの枝ならスパスパ切れてしまうので、不器用な私がハシゴに乗った姿勢でもホントに楽になりました(涙)

とはいえ、生きている木を切る時は怪我しないよう、まず木への挨拶をしないといけないって知ってました?前日に木の回りにお酒まいて、心の中で「すいませんが切らせていただきます」とあらかじめ挨拶を済ましておいて、当日は謝罪しつつ作業しました。

こういう自然との関わり方は、昔は私の田舎でも山の木を伐採するときは、切らせていただきますという挨拶を礼儀として必ずやっていたらしいです。それをしなくなってから怪我するような事故が増えてきたんだとか。まあうちの庭の木がお酒好きでは無いと思うんですけど、気持ちの問題ですからね。お陰様で無事高いところの木をばっさり切ることができ、裏庭が明るくなりました!

切り落とした木は明日のゴミの日に出さないといけないのでさらに小さく切り分けました。伸びすぎた柿の木は長いこと気になってたし、後もきれいに掃除できて気分がすっきりしたのでした。

「土と内蔵」 植物の根と大腸は実は同じ働きをしているらしい!

ごぶさたしております。今年はお盆休みを早めに取ったので、13日以降猛烈に仕事が忙しくなり、ちょうど猛暑も始まり、夏用のマスクも辛くヘトヘトになってました。。。ようやく連休もらえてだら~っとしてます(o‘∀‘o)*:◦♪気になってた「土と内蔵」https://bookmeter.com/books/11243106もようやく読み終えることができました(〃▽〃)

いやいや面白かった!コロナ禍の現代にピッタリな一冊と思います。

ざっくりした内容ですが、いつものことですがかなりテキトーに書いていきます(;゚ロ゚))
アメリカのシアトル北部に家を買って本格的な庭作りを始めた生物学者のアンと地質学者であるその夫デイビット。ところがシャベルで土を掘り返してみると、その土地は硬く死んだ土だった。圧倒的に有機物不足の土にアンは木材チップや落ち葉、スタバのコーヒー滓(!)動物園でもらった糞尿(!)それらの有機物を次々と庭に投入した。

死んだ土はみるみる命を吹き返し、一年後には大量のミミズ、三年後には近所の人も驚くほど豊かで病気一つしない植物が茂り、五年後には庭は完全に蘇る。
土壌の中で一体何が?小さすぎて見えない微生物たちが大量に与えられた有機物を餌にして、その生態系を回復していた。対して現代では、化学肥料と殺虫剤、除草剤への過剰な依存が土壌の優良な微細物までもを殺してしまい、病害虫に対して脆弱にしているという問題が語られています。

ここらへんの感覚はよく分かるのです。私もこの家に引っ越してきた時、庭の土が最悪だったので、最初堆肥作りに挑戦しはじめたんです!こんなに本格的じゃないですけど枯れ葉やら入れてなんとかミミズも増えてきた頃、近所の娘さんが離婚されて、一匹の猫を連れて帰って来られてから挫折してしまった( /ω)

何故かというと猫が何故かウチの庭に入り浸り、しかも私が作った堆肥作りのスペースに毎日ウンチをするようになったのです。カバーを掛けたり蓋をしたり重しを乗せて対応してるうち面倒になってしまったのでした(; ;) まあこれは私の性格の問題で、娘さんの離婚のせいではないけどね(笑)

以来ウチの庭土は市販の肥料に頼ってしまい、害虫やら病気の多いことと言ったら・・・・・・殺虫剤や除草剤も多用しなくてはならないことがずっと悩みの種でした。思い起こせば私の育った実家の庭では土はふんわりしてたし、植木やら薔薇に虫が付くことも無かったので、多分おじいちゃんや親が世話してた土は、結構有機だったんだろうな~って、やっと納得。

本に戻ると物語は庭だけでは終わりません。庭作りが一段落するとなんとアンに癌が見つかり手術することに(°_°)
医師からアンは食生活の見直しを言われますが、本人は食には気を遣ってたつもりで、庭で取れた新鮮な野菜も食べてたけど、朝食はカフェでトールサイズのラテと甘いベーグルやスコーンだけ、昼は残り物、夕食は遅い時間にたっぷりと、ワインも毎日飲むという、糖と脂肪の美食の海で溺れてたことに気が付く。

私も癌で手術してるので、身につまされまする(゚△゚;ノ)ノ

癌予防のために医師がすすめたのが、一日三食をきっちり取ること。(アンは一日三食もたべたらブクブク太ると思ってた)野菜と果物が50%、タンパク質が20%、精製してない穀物が10%の食事を取ることでした。
不規則な食事では血糖値が跳ね上がる、糖質を食べても同じで、血糖値の上下を繰り返すと、炎症が引き起こされ、炎症は癌を活性化させるとの説明だった(;゜0゜)彼女は根本的な食事の見直しを始めご夫婦ともすっかり痩せることができ血圧は下がり、コレステロールも中性脂肪も正常値に戻すことができました。

この後、人類の感染症、結核、天然痘、腸チフス、黄熱病、の伝染病との闘いの歴史の話が続く。アメリカではわずか一世紀前には、微生物を原因とする疾病で日常的に死者が出ていたが、1950年代には抗生物質とワクチンの開発により悪名高い病原体を一つまた一つと制圧してきた。しかし現代病、慢性疾患は増え続けている。実は人間に感染する病原菌は比較的少なく、非病原性の微生物の方が圧倒的に多いのだとか。

最近はNHKでも特集してるけど、ヒトの大腸は微生物と免疫系の中心地で、1,5メートルの大腸には何億兆もの微生物が住んでいて、健康を支えている・・・ここら辺は日進月歩で解明が進んでいるのでこれからまた新しい発見があるでしょうね!

現代人の誤解は微生物はすべて悪玉と思っていること、抗生物質や化学肥料を乱用して、微生物の抹殺に躍起になってきたけれど、多くの微生物は悪玉ではない、腸内の有用な微生物まで滅ぼした結果、アレルギーや過敏性腸症候群などの自己免疫疾患や肥満糖尿病、うつ、婦人病等が問題となってしまっているんですな。

微生物との共生は農業における土壌微生物と、医学分野の腸内を整える生きた微生物と腸内細菌を育てる餌の関係と共通していて、実は植物の根と人間の大腸は同じ働きをしているということでした!

コロナの時代を生きるには、もちろん殺菌は大事ですが、自己免疫力をつけるために、腸内の環境にも関心を持たないといけないのですが、日本には欧米には無い、醗酵食を取り続けてきた優れた食文化があります。味噌、醤油、納豆、麹などの食事が手軽にとれるというのは有難いことですね。

パスツール曰く「微生物のない世界は、何も分解されない世界だ」 恐るべし微生物!
私の食生活はアンみたいにはできてないし、庭も悲惨だけどこれからは見えない世界のことを想像しながら付き合ってみたいと思います。

静かに育ってます

私がずっと気になってた、全国で唯一の感染者ゼロの岩手県に、7月29日陽性が確認されたとニュースになってましたね:(´◦ω◦`): 最初の感染者が2人出たらしいけど、今日はもう4人だそうです 感染者ゼロを心の支えにされてた方には申し訳ないけど、この状況では仕方ないかな。

今日はショッピングモールに行ってきたけど、結構混んでました!
このところこちらでも新規の感染者数が増えてるので、もっと人が少ないのかと思ったけど、私を含めみんなこの状況は当分続くんやろうと観念してるのかも知れません。

それから、やっと長かった梅雨も明けました!お日様でると嬉しいナ♫やっと雨でほったらかしだった庭の手入れができそうです。今年はどうしたことか、ハナズオウの木から落ちた種から、あちこちに芽が出て驚いてます((((;´・ω・`)))

母がうちの庭に植えてから、もう20年近くになるんですが、芽が出たのは今年が始めてなんです!毎年4月にピンクの花が咲いた後、サヤインゲンみたいなサヤができて、だんだん茶色くなって地面にいっぱい落ちるんですが、一向に芽が出なかったのに今年は一体どうしたんだろう?

昨年の春スペインに旅行に行って、向こうではそこら中に咲いてるのを見て、うちの庭に咲いてる花と一緒と気がついたんですよ。それまで花の名前さえ知らなかったという  ハナズオウはやっと気づいてくれたんかい!と本気出してるのかも 知らんけど。

まあ種が落ちてから長い梅雨だったのが、タイミング的に良かったのかな(*´v`) うんざりするほど雨が続きましたが、良いこともあったということです。ちょうど明日は実家のお墓掃除に行くので、母に報告してきます。


        はなずおう1


   


       ハナズオウ2

ハナズオウが咲き始めました


桜の季節なのに、今年はコロナウィルスのニュースで浮かれてられません。買い物帰りに近所の桜撮りました。今年も美しいでも平日に撮ったせいもあって、ひっそりとしてました。


長沢川の桜



庭には、ハナズオウも咲き始めてます

愛の花2

        

             愛の花1


昨年の今頃は、マドリードに着いた頃でした!スペインではちょうどハナズオウが通りに咲き乱れてました♩どっかで見た花だと思ったら、亡くなった母が生前、何の断りもなく勝手にうちの庭に植えた花だと気がついた・・・・・・なんて話を昨年書いたんでした。

母の思い出もさることながら、コロナウィルスのニュース見ると、一年後のスペインが今やイタリアに並ぶ11万人がコロナウィルス感染しているらしいです(つω-`。) 病床不足解消のため首都のマドリードでは巨大な見本市施設に軍が「野戦病院」を設営しているんだとか。現地では「患者がひしめき合い、戦争のよう」との事・・・・・・何とまあ、美しかったマドリードの街がこんなになってしまうなんて信じられないなあ(;゜0゜)

今日は外へ出ないで、ハナズオウについて調べてみたら、花蘇芳 Cercis Chinensis は ユダの木 とも呼ばれているんだそうです。聖書によると、イエスの弟子のユダはイエスを裏切り、役人にイエスを突き出す手引きをしますが、イエスが処刑されることを知って、己の罪を後悔しハナズオウの木の下で自殺し、白色だったハナズオウは裏切り者の死に場所にされたことを恥じて、赤紫色になってしまったという悲しい伝説もあるそうです。

スペイン人のガイドさんは、葉っぱがハート型でピンクの花が愛らしいので「愛の花」と呼ばれていますと言うてはったのに、この言い伝えは悲し過ぎます。

野戦病院の近くにもハナズオウは咲いているのかしら?