FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・

お墓そうじとオニヤンマ

今日は実家へお墓そうじに帰りました。車を降りるとすぐ頭の上をオニヤンマがすーっと飛んで行きました。

嬉しくなって母に話すと、ちょうど母も親戚のことで何年も心配していた事が片付いてホッとしているところだったようで、
「きっとご先祖さまが、喜んでいてくださるんやろう」という話になりました。

うちでは、大きなトンボのオニヤンマはご先祖様の化身ということになってます
最初に言い出したのは姉で、ある時姉が子供も抱いてぼ~っとしてたら、オニヤンマがどこからともなく現れて、亡くなった祖父の声で、色々話しかけてきた…と言い出したからです(汗)

嘘みたいな話ですが、それ以来夏場に親戚が集まってたり、法事の時など度々オニヤンマが現れるようになったんです
確かにうちの実家は山にあるし、自然いっぱいでオニヤンマなんて普通にいそうですが環境の変化なのか、近頃はオニヤンマなんて滅多に見れるもんではないんです。

昨年母と親戚のお墓参りに行ったときなど、行く先々に現れて「車について移動してるのかな?」って思ったくらいです。

調べてみると、これは特別なことではなくて、世界的に羽根のある昆虫…トンボや蝶は霊的な世界のシンボルとされているそうです特に日本では、昔から亡くなった人がトンボになって出てくるという話がたくさんあるそうです。
特にお盆の頃見られるトンボは盆トンボとも呼ばれ、先祖の霊と共に帰ってくるといわれているとか。

うちもそうだという方もいらっしゃるかもしれませんね!そんなの知らんという方も、もうすぐお盆なので今年現れたトンボがいたら、捕まえたり、はらったりしないでありがたい気持ちで「いつも見守って下さってありがとうございます」と心の中で言ってみてくださいネ!毎年見れるようになると思います

余談ですが、ケビン・コスナ―の2002年の映画「コーリング」というアメリカの映画にもオニヤンマが出てきて、主人公に亡くなった奥さんのメッセージを伝える大事な役目をしています。偶然見てアメリカにもこんなことがあるのかって結構驚きました。興味のある方は見てみてください。

スポンサーサイト



2 Comments

MSSおの says..."No Subject"
そうなんだ~。学校は田舎にあるので、普通にオニヤンマ飛んでいます。
先日も階段のところで出られなくなってたので、
逃がそうと掴んだら、噛まれて血が出ました。
ギンヤンマやシオカラトンボが少なくなりましたね。
2011.08.08 10:45 | URL | #- [edit]
SORA says..."No Subject"
おのさん、助けようとしたのに噛まれるって…(爆)

それでも、きっと感謝されてるんじゃないでしょうか?たぶん(^^)v
2011.08.08 13:29 | URL | #4IjGZxZ. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sora6115.blog57.fc2.com/tb.php/168-7922732e