FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

〜今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・〜
今はもう笑って話せるようになるとは 2019.10.18
ようやく「大型で非常に強い」から「大型で強い」に。。。 2019.10.13
今日はスポーツ中継の日 2019.10.05
衣替え中 2019.09.27
「凪のお暇」が終わってしまった。。。 2019.09.21

お通夜

昨日の早朝、叔母が亡くなり今日はお通夜でした。

11月末とは思えない穏やかな日でした。ずっと独身でコツコツ働いて、実家やまわりの人を助けた人でした。
私は出席出来ないのですが明日のお葬式も晴れそうです。これで母の持論である「(生前の行いが)いい人は亡くなる時も穏やかな日」が立証されました!ってホンマかなぁ。。。

以前親戚で、次々問題ばかり起こしてた人が亡くなり、お葬式が12月末の大雪の降る日になったことがありました。母や親戚が口をそろえて「あの人は死ぬ時まで、周りに迷惑かける!」って言ってたのをよく覚えてはいますが…

西行法師は亡くなる前に

願はくは 花のもとにて春死なむ その如月(きさらぎ)の望月の頃 
という歌を詠んで実際に春、桜の季節に亡くなったのは有名ですね。



義理の母は桜が大好きで本人はつねづね「私は桜狂いやねん」と言ってましたが、ほんとに満開の桜の季節に亡くなり、霊柩車が桜吹雪が舞う中走るのを見て、見事な最後と感心したこともありました。


私も願わくば、生まれた4月、桜の散る頃がいいなあ

なんとしても、嵐のような日に死んで「SORAは死ぬ時まで、迷惑掛ける!!」って言われないように善行積みたいと思っとります。

スポンサーサイト



2 Comments

MSSおの says...""
私は無理でしょうね。
最後まで迷惑かける方ですね。大嵐とか、台風とか。

生徒には、「一番派手な服装で、現世の卒業パーティーしてくれ」
って話してあります。
楽しみでもありますね。
2011.11.28 20:11 | URL | #- [edit]
 SORA says...""
ハハッ(笑)確かに大嵐の日や、台風の日がお葬式だと、出席した人にとっては生涯忘れられないお葬式になっしゃいますね!

よく晴れた日や、桜吹雪の中カッコよく旅経つか?それとも最後まで、笑われて呆れられ旅立つか。。。

考えてみると、どっちも捨てがたかったりして。
(@^^@)/
2011.11.28 20:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sora6115.blog57.fc2.com/tb.php/199-6c2a420c