FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・

18年分の人生を語る

今スキルアップの為お勉強中です。先日は「共感的理解」についての講義を聞きました。まあ、私がずっとやってきた傾聴がポイントだったりするんですが。

講義を受けてる方はみなさん熱心で、活気もあって楽しい授業でした。実際にグループに分かれてゲームをしたりしたりしたのですが、負けたチームのリーダーをやってたのが、今年高校を卒業して、4月から老人施設で働いているという男の子でした。もちろんダントツで最年少です。

罰ゲームがちゃんとあって、リーダーやってた人はみんなの前で10分間「私の人生」というタイトルの話をしないといけません。今風のオシャレで、ちょっとチャライ感じの男の子だったので、まだ人生語るには早すぎるんと違うかな?などと思って見てました。

その子は、「う~ん。。。」と言ってしばらく考えた後、静かに話し出しました。

「僕が今の家に引っ越してきたのは、まだ小さい頃のことでよく覚えてません。両親が離婚して母と一緒におじいちゃんの家に引っ越してきたのです。そして今はその家に僕はおじいちゃんと二人で住んでいます。

おじいちゃんは、障害者なので昼間は色んなサービスを頼んだりしますが、夜は僕一人で見ています。僕の今までの人生は結構大変でした。。。でも僕の人生はこれからだと思ってます!!今の仕事を選んだのも自然な流れでした。
施設のお年寄りは、色々障害のある方が多いんです。でも自分から進んで障害を選ぶ人はいません。僕のおじいちゃんも障害者になりたくて生まれてきたんじゃないんです。だから僕はそんな気持ちがわかるお世話をしていきたいと思ってます」

思いがけない話の展開に、一瞬教室全体が「し~ん」としてしましたが、もちろんその後は拍手の嵐でした。ホントにビックリ!外見で判断しては、ダメですね。実際話してみると物腰の柔らかい幸青年でした

今日は防災の日。新たに缶入りのビスコとキャラメルを買いたしました!乾パンだけでは少し心もとないですもん。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sora6115.blog57.fc2.com/tb.php/269-9a00d0a7