FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・

インビクタス 負けざる者たち

今日「インビクタス 負けざる者たち」見てきました。
監督はクリント・イーストウッドで、物語は1995年のラグービーのワールドカップの物語です。

ラグビーには興味ないし、スポコン嫌いなんだけど27年政治犯として投獄されてた、南アフリカのネルソン・マンデラ大統領の時代の実話と聞いてたまらず見てきました。
ラグビー知らなくても充分楽しめたしユーモアもあるけどこれが泣けました

この前「マンデラの名もなき看守」というマンデラが政治犯としてロベン島に監修されていた時代の映画のDVD見つけて、先に見といたので余計背景が解って感動しました。
この映画はマンデラ担当の看守が、どんどん影響されていって「何が正しくて、何が間違っているのか?」と自問するうち、看守自身の生き方まで変わってしまうという話でした。

こんどは、マンデラが解放された後、南アフリカの大統領に選ばれて、まだ大混乱している南アフリカで開催されたラグビーのワールドカップの時の話です。
この時、南アフリカ代表だった弱小チームボグスの主将のフランソワ(マット・ディモン)がマンデラと接していくうちどんどん変わっていくんです。彼はこのラグビーの試合が南アフリカがまとまっていくうえでどんな意味をもっているのかを理解していきます。チームメートもだんだん変り始め試合が進行していくと共に奇跡が起こっていくんです。

主役のモーガン・フリーマンはまるでマンデラ大統領を演じるために生まれてきたんじゃないかと思うぐらいハマってました。
クリント・イーストウッドの演出もさすが凄い
インビクタスとは不屈という意味の詩で、マンデラが刑務所にいる間心の拠り所としていた詩で
「我が運命を決めるのは我なり」「我が魂を征するのは我なり」という言葉がじわじわ効いてきて泣けます。
大統領就任時の演説から繋がってるんですね。


栄光を生きるために

私たちの最大の怖れは
「自分には欠けたところがあるのではないか」ではありません。
私たちの最大の怖れは
「自分には計り知れないパワーがあるのではないか」です。
何よりも私たちを怖がらせるのは
私たち自身の光であって、暗闇ではありません。
私たちは自ら問いかけます。
華麗で、機知に富み、才能にあふれた途方もない私とは誰なのか?
むしろ、誰でないのか?
あなたは神の子です。
とるにたらない者のふりをしても、世界のためにはなりません。
そばにいる者たちを怖がらせないために小さく縮こまる行為に光明はありません。
私たちは内なる神の栄光を具象化するために生まれたのです。
それらは限られた者の内にあるのではなくて、誰の内にもあるのです。
内なる光を輝くにまかせると
それは知らないうちに、他の人々にも
「かのようにしてもいいのだ」と伝えているのです。
かかえていた怖れを自ら解放してやると
それは同時に、他の人々をも解放しているのです。
 
    -  ネルソン・マンデラ 1994年 就任演説より




スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sora6115.blog57.fc2.com/tb.php/53-d3baefe7