by SORA
  • Comment:2
  • Trackback:0

二十四番、中山さん

この前の日曜日にちょっとしたアクシデントはあったものの無事母の四十九日法要を終えることができました。これで一段落、ちょっとホッとしています。

アクシデントというのは、招待のハガキ出して無かった方が何故か来られてしまったんですよそのため慌てて追加の席を用意したりバタバタしましたが、なんとか何事もなかったように、お迎えすることができました(*´v`)

不思議だったのは、毎日曜日の法要の日はずっといい天気で、気温も暖かい日が続きました。「天気が続くのはあんたのお母さんの人柄のせいやで」と言ってくれる方がいて、ちょっと嬉しかったナ。

実は私、子供の頃から田舎の親戚や近所の方が結構苦手(。-_-。) しかももう母のいないヒンヤリした実家に帰って用意するのがまた憂鬱やったんですが、意外なことに、みんなよくしてくれて、優しかったのが嬉しい誤算でした。

特に毎回料理を差し入れてくれる親戚がいたんですが、この方の料理がずっと苦手だったはずなのに、今回はパクパク食べてる自分にビックリ!しかも美味しかった!! う~ん、何でやろ?私も大人になったという事なのか?まあ・・・単に年取っただけとも言うけど(笑)

それから、実家は禅宗で、お寺さんのお経の後で「西国三十三カ所御詠歌」というのを唱えるですよ。関西ではポピュラーだと思うんだけど、多分ほかの地域の方は聞いたこともないと思う。

姉が「中山さんの所で、生姜湯を出さなあかんね」というので、中山さんて誰?と思ったら御詠歌の二十四番目の宝塚にある、中山寺の御詠歌後、休憩が入るので、喉を潤す為、生姜と砂糖と塩の入った温かい生姜湯を出す決まりになってるって事でした(笑)

子供の頃から御詠歌は知ってたし、途中でお茶を出すのも分かってたけど、生姜湯を出すのはまったく覚えてなかった。。。多分母に全部お任せで、運ぶのだけ手伝ってたからだと思います。もういい年になった自分が、子供の頃とは違う目線で体験した田舎の法要は不思議な気分でした。

ちょっと気が抜けて、過ごしてたら火曜の地震。。。大きな被害が出なくて良かった!5年前と同じくニュージーランドの地震の後は要注意ですね(土曜には関西もドンと揺れて怖かった)一気に現実に引き戻されちゃったわ((´・ω・`;))



スポンサーサイト
 SORA
Posted by SORA

Comments 2

There are no comments yet.
まっとし  
先ずは一段落ですね

こんばんは

お母さんの忌明け法要
何とか無事済ます事が出来たとの事
先ずは一段落ですね
本当にお疲れ様でした

おめでたい事って
結構その場で終わっちゃうものですが
人一人亡くなると後々まで大変です
特に風習を守っているような地域だと
アタフタする事ばかりですもんね
不謹慎な話親戚も高齢化していくと
もう葬儀の場でないと
殆ど顔を合わせる機会がありません
代が変わってしまうと正直
誰が親戚なんだかも判らなくなります(^^ゞ

昨今は慶弔事
特に葬儀は家族だけで
済ませる場合が多くなり
亡くなった事さえ知らない事も
珍しくありません
良くも悪くも時代の流れってものでしょうね

次は百か日法要ですか?
三回忌法要が済むまで
気が抜けませんが
くれぐれもお体壊しませんように
( ̄人 ̄)

2016/11/25 (Fri) 22:30 | EDIT | REPLY |   
sora  
今は、変わり目の時ですね

まつとしさん、コメントありがとうございます!

本当は、簡素に済ませるか迷ったんですが、母が一人暮らしで近所の方にお世話になってたので、地元のやり方に乗っ取って進めました。真宗に比べると、禅宗や浄土宗は決まりごとが多いし、しかも親戚にはうるさい人が多いし大変かと思ってましたが、うるさい方たちもだいぶ亡くなってしまってて、思ったより大変じゃなくて助かりました(汗)

母も喜んでくれてるんじゃないかと思います。ただ今は時代の変わり目、葬儀のやり方も今後はどんどん変わっていくでしょうね。

おっしゃる通り、次は百箇日法要ですが、もう身内だけで気楽なもんです🎶


2016/11/25 (Fri) 23:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply