FC2ブログ
移動移動でお疲れ気味の3日目は、カイロ8:10発 アスワン行の国内線に乗るため、なんと朝3:45に起こされ、4:30には荷物だし&朝食!1時間半くらいでアスワンに、到着しました眠たい。。。

ここからは、バスに乗ってアブシンベルへ移動です。私は何もわかってなかったのですが、エジプトという国はイスラエルと何度も戦争してるだけでなく、お隣のスーダンともずっ~と揉めているそうで、このサハラ砂漠を突っ切って行く国境沿いの道は、超危険な道で、3時間かかる道程なのに、一切休憩が(トイレ休憩もダメ)ありません((((;゚Д゚)))))))

バスには、ツーリストポリスという警官が銃を持って同乗します!少し前までは、コンボイ(警察に護衛された外国人旅行者の車の隊列)でしか動けなかったらしいので、これでもかなりゆるくなってるんだそうです(;゜0゜)
  
このツーリストポリスの方は、気さくな方で一緒に写真OKでした!私も慌ててシャッター切ったら私の指映ってるし(笑)
    
          ツーリストポリス


サハラ砂漠の中のほぼ一直線の道を休まずひたすら走るバスは、疲れもピークで皆さん熟睡状態でしたが、私には見たことも無い、かなり感動的な風景で、興奮気味(笑)おかげで、砂漠の向こうに見える蜃気楼を、一番に発見(o‘∀‘o)*:◦♪

    かなり見にくいですが、遥か向こうに浮いて見える山は、蜃気楼なんです!この時ばかりは、バスの運転手さん、バス停めてくれはったので、久しぶりにバスの車外に出ることができました。      
          蜃気楼

やっとのことで、セティ・アブシンベルというホテルに到着しました。ここら辺はヌビアと呼ばれる地方で、住んでる人もヌビア人で肌の色の黒い方が多い感じ。町並みがどこかで見た感じがしたのは、スターウォーズで出て来る砂漠の中に屋根のまるい小さい家がポコポコ建ってるあの風景に似てる!まだ子供のジェダイがひっそり住んでるあの感じ(*’U`*)

          お昼食べて可愛いホテルでゆっくりしてると、日が暮れてきました。いよいよアブシンベル宮殿の「音と光のショー」に出かけました。ハッキリいってギザではちょっとがっかりな感じもありましたが、はるばるやってきたアブシンベルは正に異界に踏み込んだ気分になりました。
          

         日が暮れて

          夜に見た音と光のショーは、華やかですが、翌日の朝見たご来光と、朝日に輝く神殿は荘厳でした、写真は禁止で撮れなかったけど、大神殿・小神殿内部のレリーフが綺麗に残っていて、圧倒されました
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆         アブシンベル夜


         ご来光


        朝 アブシンベル宮殿


       朝 アブシンベル宮殿2


          




    



     
スポンサーサイト
2017.12.03
コメント記入欄