FC2ブログ
by SORA
  • Comment:2
  • Trackback:0

メキシコにもお盆みたいのがある?

「リメンバー・ミー」っていう映画みてきました!

これピクサーのアニメなんですが、私割と好きなんですよ。「トイストリー」とか、「インサイドヘッド」(脳科学者が監修した傑作です!) とか大人でも充分楽しめるし考えさせられる物語が多いんです(*´∀`人 ♪ 今回も人づてに、面白いって聞いて見に行きました。

ここからネタバレアリです
メキシコでは、11月1~2日は「死者の日」で年に一度、他界した先祖が家族に会いにやって来る日なんだそうで、物語はアニメなのに死後の世界が描かれていて個性豊かな骸骨が出てきます!主人公の少年ミゲルは、ひょんなことから死者の姿が見えてしまうようになってあの世へと紛れ込んでしまいます。https://www.disney.co.jp/movie/remember-me/video.html

ミゲルの一家は、曾祖母が始めた制靴業を生業としていて、何故か「音楽禁止の掟」を頑なに守る一族なんですが、密かにミュージシャンになりたいと夢見ているミゲルには、辛い環境でした。

死者の日の飾りつけの写真には、夫がミュージシャンを夢見て家を出ていった後、母一人で娘を育てた曾祖母の写真とその娘のココお婆さんの写真が飾られていますが、曾祖父の写真は切り取られてしまってます。ミゲルは切り取られた写真に写るギターを見つけ、曾祖父は今も人気のある有名ミュージシャンだったのか??と思い、ミゲルは曾祖父に会って確認すべく死者の国へと旅に出ます。

お国柄なのか、日本人の思い描くあの世とは違って、カラフルで明るいんですよ(笑) カラッとしてて怖さも無いです♪物語としては、死んでも誤解されて報われないご先祖さまを助けることにより、この世も並行してチェンジしていくという、あの世とこの世をつなぐ「バックトゥザフューチャー」的な要素も入ってます。

私もいい年になり、この世とあの世は繋がってんだろうと信じていて、お仏壇でご先祖様に感謝をささげるのが日課となってまいりました。なのでこの映画はまさかのアメリカのディズニー、ピクサーが作ったラテンな物語ですが、妙に共感してしまいました(笑)

え~っと、一番びっくりしたのが、始まっていきなり「アナと雪の女王・家族の思い出」が始まり、普通に予告編だと思ったのに、全然終わらなくて焦る焦る((((;´・ω・`)))  「何この展開?間違ってアナ雪のチケット買ってしもたん?」と思ってしまいましたが、同時上映やて!聞いて無いんですけど(゚д゚) ホンマに焦りました。。。

それから、アニメが物凄くリアルで、ココお婆さんの皮膚やら指先の感じが実写みたいでした。



スポンサーサイト
 SORA
Posted by SORA

Comments 2

There are no comments yet.
yuccalina  
ガイコツ祭りとか

初めてコメントさせて頂きます。
メキシコはガイコツ祭りがあってガイコツグッズも人気なんですよね~
キリスト教とは別の土着信仰によるものなんでしょうね。元々モンゴロイドが住んでたので、日本と似たような習慣があっても可笑しくないのかどうかは分かりませんが、面白そうな映画ですね。ご紹介ありがとうございます(*'▽')

2018/04/16 (Mon) 09:01 | EDIT | REPLY |   
 SORA  
コメントありがとうございます

yuccalinaさん、メキシコって元々モンゴロイドが住んでたってホントですか!?

遠く離れた陽気な国ぐらいの認識しか持ってませんでした。確かにキリスト教の教えとは違いますね!
映像がカラフルで、物語も日本人が思い描く死後の世界とは、違いますけど(笑)

良かったら、映画館に足運んでみてくださいね♪

2018/04/16 (Mon) 16:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply