FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

〜今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・〜
ようやく「大型で非常に強い」から「大型で強い」に。。。 2019.10.13
今日はスポーツ中継の日 2019.10.05
衣替え中 2019.09.27
「凪のお暇」が終わってしまった。。。 2019.09.21
みすゞと雅輔 2019.09.14

暑いので恐怖体験でも・・・

毎日暑いですねぇ! 
気分だけでも涼しくなれるよう、私がゾッとした夏の体験でも聞いてください

私がまだ学生だった頃、夏休みに旅行に行きました。
帰りは父親に駅まで迎えに来てもらうつもりだったのに、免許取ったばかりの姉が、「私が迎えに行ってあげる!」と言いだして(本当は姉のヘタな運転が不安だったりしたんですが…)結局頼むことにしました。

駅で車に乗り込んでしばらくするとなぜか猛烈に喉が渇いてきました。姉に言うと「もう!どうして今頃言うのよ!家まで我慢できるでしょう?」と言われてたんですが、どうしても我慢できず、しかたなく次の角曲がった所に並んでる自動販売機でジュース買う事にしました。

角を曲がったところで、姉が車を停めようとブレーキ踏んだ瞬間、突然車の前方から背の高い男性が飛び出してくるのが、見えました 車に近づいてくる真っ青な顔は幽霊みたいでした。
姉はパニックになりながらも急ブレーキを踏んでサイドブレーキ引き、二人で車を飛び出して車の前を覗き込むと裸足の若い男性が横たわっていました  でもよく見ると、男性の伸びた手とタイヤとの間は2センチくらいあります!!なんとギリギリ轢いてなかったんです

とはいえ男性は倒れたままだし、呆然といていると「だいじょうぶか?」と後ろを走っていた方たちが集まってくれて、轢いて無い事を確認してすぐ警察に連絡してくれました。

駆け付けた警官が、「君たち轢いてないね、飛び込みやと思うけど大変やったな!後はこっちで処理するから、もう帰っていいよ」と言ってくれたので、何の話を聞かれることも無くすぐ帰ることができました。しかし車に乗り込んだものの二人とも体がガタガタ震えてしまいずっと無言で帰りました。

二人が考えてた事は同じで、もし私が「喉渇いた!我慢できない!」と言わず姉がスピードを落とさないで走っていたら、免許とりたての姉は間違いなく角を曲がったところで、あの男性を轢いていたに違いないという事でした。
しかも駅で姉を待ってた時には、私は全然喉が渇いていなかったんです

ほんとに不思議な体験でした。もし轢いていればそれからの姉と私の人生は全然違ったと思います。
今でも交通事故といわれている中には、かなりの自殺行為が含まれているそうです。
でも轢いてしまえば、証明することは不可能だし全面的に加害者になってしまいます。

自分の人生に突然起こった事が信じられず、しかもギリギリ助けられた…そんな事を感じながらその夜見た夢におじいちゃんが出てきました、私が「今日助けてくれたのおじいちゃんでしょ?」と言うとおじいちゃんは、にっこり笑って「そうや!」と言いました

それ以来、私は車を運転してて急に喉が渇いたら迷わず休憩するようにしています
誰にもこういう体験はあるんじゃないでしょうか?ピンときたら誰かが気をつけろとメッセージ送ってくれてるのかもネ

スポンサーサイト



2 Comments

MSSおの says..."NoTitle"
守護霊さまの導きで助けられたんですね~。
私も経験あります。毎日感謝しております。

生きてる人間の方が、幽霊より怖いですよね。(oo;)
2010.08.04 00:20 | URL | #- [edit]
SORA says..."NoTitle"
ほんとですね!
毎日あたりまえに過ぎていきますが、あたりまえなんておごりで、実はいろんな助けを受けて生きてるんでしょうねe-53
時々あの時の男性のことを思います。彼も守られてたんだと思うので、精一杯生きててほしいですe-344
2010.08.04 14:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sora6115.blog57.fc2.com/tb.php/76-aad5e82d