FC2ブログ

空を見上げながら・・・晴れの日も雨の日も

今日も必ず「その日の天使」がやってくる・・・

マスターズ優勝は嬉しいニュース

昨日の朝、今年こそ松山がマスターズ優勝しそうということでテレビで中継見てました|ω・`) 終盤ピンチが続いてドキドキしましたが、無事に優勝が決まり朝から興奮しちゃいました(o‘∀‘o)*:◦♪

松山選手は10年も前から7回もマスターズに挑戦されてるということで、グリーンのジャケットを着てのスピーチでは、もっとアメリカナイズされたしゃれた事話されるのかと思いきや、緊張気味に日本語で、終始謙虚に大会関係者と周りへの感謝を述べるという短いものだったので意外でした。

もの凄い快挙やし、もっとはっちゃけてもいいのに、いかにも日本人って感じでした。しかもその後試合の後に、キャディーとして松山選手を支えた早籐将太さんが、最終18番のピンを返した後に自分のキャップを取り、コースに向かって一礼した様子が海外メディアに取り上げられ、大きな反響を呼んでいるそうなんです!外国人の多くがとても日本的な行動だと感じたようですhttp://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3784.html

日本人は柔道でも剣道でもまず挨拶からだし、海外の試合の後で相手チームの応援にもお辞儀をしたりを当たり前のようにする振る舞いが外国人には新鮮で、今回も対戦相手と戦った場所への敬意と感じてくれたようです。確かに美しい所作だと思うし同じ日本人として誇らしく思えてきました+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 

コロナの今はアジア人ヘイトの暴行に日本人も巻き込まれてるニュースも聞かれますが、このニュースは嬉しいですね!あらためて、松山選手自身と松山選手を支えたチームに感謝したいです。

一方、松山選手と同じ29歳で、かつて海の王子と呼ばれた方が、母親の元婚約者との金銭トラブルを説明する28ページにもわたる長い文章を公表したあと、解決金を支払う意向を明らかにして、物議を醸してます(°_°)

現在アメリカで法律を勉強されている方ですし、法的には間違ってないのかもしれないけど、これでは70歳を越えられているという母親の元婚約者の立場を考えると気の毒で、なぜこういう行動に至ったのか理解できないし美しいとは思えません。

婚約中のお相手は皇室の方なので、神道の本家みたいなものでしょ?神道では物事を正しいか正しくないかではなくて、美しいか美しくないかで判断するんですよね。なので日本人は「お天道さまに顔向けできないことはするな」みたいな思いがあると思います。
人間関係においても、「あいつは悪いヤツや」と言われるより「あいつは汚いヤツや」と言われる方がよりダメージが大きいと思います。

今は良いのかもしれませんが、こんなにも価値観の違うお相手と長い人生、共に暮らして行けるのかな・・・とおばさんは心配になります。お二人とももっと相応しいお相手がおられると思うのは私だけではないのでは?

松山選手も元海の王子同じさんも29歳、お二人の違いを色々考えてしまいました。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sora6115.blog57.fc2.com/tb.php/789-20006b51